トップページ > コラム >  レーシックコラム

レーシックコラム

レーシックの最新情報やコラムを掲載

目次

神戸クリニックと神奈川アイクリニックが合併

神戸クリニックと神奈川アイクリニックと言えば、レーシックといえば必ず両クリニックとも名前が挙がる人気の高いクリニックです。

実はこの二つのクリニックはもともと同じ法人によって経営されていたって知っていましたか?

2011年12月にこの両クリニックを統合し、新たに"神戸神奈川アイクリニック"という名前にすることになりました。

つまり、どちらかが潰れたというわけでなく、わかりやすく、そしてより広く同じシステムにてレーシックのケアをしてもらいたいという思いからの変更になっていますのでご安心を。

もちろん、今まで神戸クリニックと神奈川アイクリニックで手術を受けた人のアフターケアもしっかりとうけられますのでご心配なく。

統合したことにより、両クリニックの良い所を採用した術式のメニューになり、また日本で最大級のレーシック医院となったことで、より実績が多くなることが期待できますね。

統合したことによりメリットのみでデメリットはなさそうなので、今までのそれぞれのクリニックの実績もしっかりと参考にしていいでしょう。

このページのトップへ↑

視力のメカニズム

普段から当たり前に見えている「目」ですが、人間は目から入ってくる情報が80%を締めるといわれるほど重要な器官です。

その視力はどうやって遠近などを見えるようにしているかというと、カメラのレンズと同じ働きをしています。

すべての光線を角膜と水晶体で屈折させ、網膜上の一点に集め、焦点をあわせているんだそうです。

なので、当然ですが焦点を合わせる機能が完全であれば、見ているモノも鮮明でハッキリと見ることができますよね。

自分で見ている対象に自動でピントを合わせてくれるので、あらためて眼球の働きや視力って凄いですよね。

モノが良く見えなくなるという現象は、光の屈折異常がおこり焦点を合わせることができなくなる現象なのです。

例えば近視の場合には、モノを見るときに使う眼球にある筋力が衰えてしまって、遠くのものにピントを合わせることができなくなった状態ですね。

乱視と言うのは、角膜と水晶体の以上で起こるのですが、ラクビーボールのように角膜の変形などで歪ができ屈折が乱れてしまうのです。

強度の乱視だとハードコンタクトか屈折矯正手術でしか矯正できないこともあるようです。


このページのトップへ↑

医療費控除で税金を取り戻そう!

レーシックの手術には、健康保険や社会保険が適用されません。

そのため、手術費用が全額自己負担となり高くなってしまうんです。

ただ、レーシック手術のように医療費が高額になってしまったときには「医療費控除」を受けることができるんです。

医療費控除と言うのは、生計を共にするひとつの家族で1年間に支払った医療費の合計が一定額を超えたときに、払いすぎた税金が還付される制度なんです。

医療費控除の申請は難しいことはなく、確定申告の際に必要書類を提出すれば適用されます。

申告書類の詳しい書き方は、税務署で税務署の職員の方が教えてくれますから、申請される方は近くの税務署で問い合わせるといいですよ。

なお、申請の際には、レーシック手術の明細書が必要になりますから、明細書は大切に保管しておいてくださいね。

ちなみにこの一定額というのは下記の通りですから、レーシック手術を受けたほとんどの方が対象となるはずです。

■医療費控除を受けられる人の条件(下記のどちらかに当てはまっていればOKです)

・生計を共にする家族の1年間の医療費の合計が10万円を超えた人

・所得税が200万未満で、生計を共にする家族の1年間の医療費の合計が所得の5%を超える人

ただし、医療費控除を受けるためには自分で確定申告をしなければなりません。

確定申告の際には、クリニックでもらった明細書や領収書が必要になりますから大切に保管しておきましょう。

なお、医療費控除は5年前までさかのぼって申告することができるんです。

ですから、既にレーシックの手術を受けた方も5年以内でしたら申告できるんですよ。

このページのトップへ↑

手術給付金で手術費の負担が減らせる?

レーシックの手術は、手術費用をすべて自己負担しなければならいため一度に支払う金額が安くありません。

これは、皆さんもご存じのとおり健康保険や社会保険が適用されないからです。

分かっているとは言え、一度に支払う金額が高いのはちょっと大変ですよね。

そんな中、もしレーシックの手術費の負担が少しでも減るとしたらうれしくありませんか?

実は、多くの皆さんにその可能性があるんです。

現在、多くの生命保険や医療保険でレーシックの手術が手術給付金の対象になっているんです。

加入している保険内容によって支払われる金額は異なりますが、両眼を手術した場合で3万~10万円ほど給付されるんです。

これだけ保険が支払われたら負担がだいぶ減るので助かりますよね。

ご自分の加入している保険が手術給付金の対象になっているか確認したいときは、保険会社に問い合わせて確認してくださいね。

なお、保険会社に問い合わせる際の手術名はレーシックではなく正式名称である「レーザー角膜屈折矯正手術」と伝えると間違いがありません。

保険会社に手術費用を請求するときは医師の診断書が必要です。

診断書は、手術を受けたクリニックで作成してもらい保険会社に提出します。

このページのトップへ↑

メガネとレーシックどちらがお得?

皆さんご存じのとおり、レーシックの手術は自由診療のため健康保険や社会保険が適用されません。

そのためどうしても手術費用が高額になってしまいます。

レーシックの手術を検討してみたものの「手術費用が高いから......」とレーシックの手術を受けるのを諦めてしまった人もいるのではないでしょうか。

でも、本当にレーシックの手術は高いのでしょうか?

メガネを30年使い続けた場合の金額とレーシック手術の金額を比べて考えてみましょう。

メガネは、コンタクトレンズのように使い捨てではありませんから、一度作れば長く使うこともできます。

しかし、いくら大切に使っていても毎日かけ続けていれば痛んできますし、視力が落ちてしまったら買い替えなくてはなりません。

メガネの度数が合っていないと、肩こりや頭痛などの症状が起きる場合もあることもあり、一般的には2~3年ごとに買い替えるのがよいとされています。

最近では、低価格のメガネも販売されていますが、あるリサーチ会社が行ったアンケートによるとメガネ所有者の4分の3が1万円~2万円のメガネを購入しているそうです。

そこで、その間をとって1万5,000円のメガネを2年に一度の頻度で買い替え、30年メガネをかけ続けると以下のようになります。

・30年分のメガネ代 22万5,000円(1万5,000円×15回)

メガネを30年間使い続けるとメガネの費用だけでも平均22万5,000円かかる計算になるんです。

それにレーシックを受けようと考える方は、比較的視力が非常に悪い方が多くいらっしゃいますから、より見え方の質が高いレンズを使うとその分メガネ代も高くなります。

一方、レーシック手術の費用はどうでしょうか。

全国展開をしているあるクリニックでは、一人ひとりの眼の状況に合わせたカスタムメイドの「アイレーシック」でも両眼で15万円なんです。

一度にかかる費用は確かにレーシックの方が高くなります。

しかし、数十年という長い目で見たときには必ずしもレーシックが高いというわけではないんですよ。

そしてなによりも、日々の生活が快適になるのはお金には代えられませんよね。

このページのトップへ↑

レーシックがコンタクトに勝る理由は1つじゃない

レーシックがコンタクトより優れているところと言えば一番は裸眼でいつでもはっきり見える点ですよね。

コンタクトのようにつけたり外したりという手間もなく、目が覚めた時から就寝するまで見えますからね。

他にもコストの面でもトータルで考えるとレーシックの方が安いことはご説明しましたが、まだまだコンタクトより優れている点はこれだけではありません。

コンタクトで困ることを挙げてみましょう。

まずは水に関することがコンタクト利用者には不便ですね。

海やプールなどではコンタクトを装着していると顔をつけないように気を付けないといけないので、心底楽しめないのではないでしょうか?

ダイビングなどのマリンスポーツも使い捨てコンタクトを利用して無くなっても仕方ないと思わないといけません。

日常生活でもお風呂や洗顔などでは外しているという人が圧倒的に多いみたいです。

はっきり見えないのできちんと洗えているかどうか分からない場合がありますが、コンタクトをしたままでは万が一洗顔料やシャンプーが入ってしまったら大変ですよね。

また、水だけでなく風にも弱く、ジェットコースター・オープンカー・バイクなどは、風が直接目に当たり乾燥しやすくなってしまいます。

乾燥することで外れやすくなるので、サングラスなどで目に直接風が当たらないように防護したり、目薬で潤したりなどしないといけません。

失敗として多いのはうたた寝ではないでしょうか?

いくら酸素透過レンズを使っていても目を閉じてしまっては酸素を取り込むことはできませんからね。

目がゴロゴロし違和感があったり乾燥した感じというだけの人から、目が真っ赤に充血してしまったりまぶたがくっついてしまったという人までいます。

自覚症状がなくても、目の疲れなどがちょっとずつ蓄積し、ドライアイや結膜炎などの病気を引き起こすこともあります。

このようにコンタクトを使っていたら困ることはたくさんありますが、レンズを入れていないレーシックではこんな悩みも解消されますよ。

このページのトップへ↑

知らないと損する割引制度

レーシックは手術費用の安さだけで決めるのではなく、いろいろなクリニックや術式を見比べてあなたに合ったものを選ぶべきです。

とは言っても、同じ手術を受けるなら少しでもお得になったらうれしいですよね。

クリニックにはいろいろな割引制度を取り入れています。

何も知らずにそのまま手術するのと比べて、適用すればかなり安くなる場合もあるのでどのような割引制度があるか知っておいて損はありませんよ。

●グループ割引

2人以上で手術を受ける際に適用される割引ですが、手術日は別々になっても大丈夫というクリニックが多いので誰か誘ってみましょう。

家族や同僚などはもちろん、身近にいなければfacebookやツイッターで呼びかけてみるのもいいですね。

●平日割引

手術日を平日にするだけで割引になるのはうれしいのでぜひ利用しましょう。

●職業割引

警察官や消防士などの公務員・学生・医療従事者などだけでなく学割もあります。

医療従事者は医師や看護師だけでなく、ヘルパーや事務員も対象になることもあるんですよ。

また法人契約すると割引になるクリニックもあるので会社に要望を出してみるといいですね。

●交通費割引

クリニックまでの交通費を割引してくれるので、遠いからという理由で諦めたクリニックも選択肢に加えることができますね。

●紹介割引

そのクリニックを利用した人から紹介を受けると割引になるだけでなく、術後他の人を紹介すると謝礼が出ることもあるんですよ。

●現金割引

手術費を現金や口座振込にて支払うだけで割引になるのはお得ですね。

●術後割引

レーシック手術後にご自身のツイッターやブログなどで体験談を掲載するだけで手術費が返金されます。

これらの割引はクリニックによって有無が違うだけでなく、割引率にも違いがあります。

他にも独自の割引制度を設けているクリニックもあるので、ホームページなどでお得情報を見逃さないようにしてくださいね。

これらの割引をうまく使ってより負担の少ないレーシックにすれば満足度がさらに上がるはずですよ。

このページのトップへ↑

レーシックの値段がバラバラなのはなぜ?

レーシックのお値段はクリニックによって違いがありますがこれはなぜでしょうか?

まず、レーシックは医療行為ではありますが自由診療扱いになる為、それぞれのクリニックが独自に値段を設定しています。

では安いと質が悪く、高くなればいい手術であるかといえばそうとは言い切れません。

安いから古い機器を使い、高いから最新機器を使用しているとは限らないんですよ。

まず手術費用には、手術に関わる設備や人件費だけでなく、クリニックの経費や利益も含まれています。

特に経費と利益をどれぐらい配分するかによって値段が大きく変わってしまいます。

経費は一例として内装費や施設維持費や広告費などが挙げられます。

中でも広告費は値段を変える大きな経費になっています。

クチコミで患者数が増えているクリニックはこの広告費が抑えることができるので値段を下げる事ができるんですよ。

また経費は下げれば下げるほどいいとは限りません。

内装が豪華でも清掃されていないとダメですよね。

いくら安くなるからといっても通いにくい場所にあると定期検診の度に交通費がかかって割高になることもあります。

つまり、安くても最新の技術の所もあれば、広告料と利益ばかりの高い所も存在するということになります。

必要なものはしっかり使い、無駄な部分をどれだけ抑えているかを細かくチェックしないといけません。

その為にはただ値段だけで比べるのではなく、その値段が適正価格かどうかを見極める必要があります。

どのような機器を使い、どんな医師が施術しているかなどを合わせた上で値段を比較しましょう。

傾向で言えば、やはり全国に数箇所ある大手クリニックの方が安くなっています。

これは、機器や消耗品などを大量で仕入れることができるので低コストになる為です。

さらに、患者数が増えれば増えるだけ利益も低く設定でき、症例数も上がり技術力もアップするとメリットが多くなります。

値段で選んではいけないレーシックですが、だからといって高ければいい訳ではありませんので納得できる内容かどうかをご自身でチェックしましょうね。

このページのトップへ↑

レーシック前後の大敵は目の乾燥

目が乾燥するとかゆみやゴロゴロとした違和感があるだけでなく、ちょっとしたことで角膜が傷つきやすくなってしまいます。

その為、常に乾燥には気を付けないといけませんが、特にレーシックの手術前と手術後はしっかりと対策を取りましょう。

一番は目薬が目に潤いを与えてくれるので目薬を指す習慣をつけるといいですね。

目が乾燥する理由には環境が影響します。

まずは冬など空気が乾燥していると目も乾きやすくなりますので加湿器で湿度を調節しましょう。

加湿器がない場合は濡れたタオルや観葉植物が乾燥を抑えてくれる効果があるので簡単に加湿ができますよ。

また、エアコンなどの冷風も暖風も直接目に当たらないようにしましょうね。

バイクに乗ったり、外での仕事が多い場合は風が目に当たり乾燥しやすくなります。

ゴーグル・サングラス・度なしのメガネなどで対策することで乾きを抑えることができます。

パソコンを見る事が多い場合はまばたきが減ってしまい乾燥しやすくなるのでしっかりと意識するように心がけましょう。

そして意外なのが目が疲れることで乾きやすくなることです。

目を酷使するだけでなく、睡眠不足・肉体疲労・ストレスにより目にも疲れが出てしまいますので気をつけましょうね。

そして疲れには目薬だけでなく、乾きを防ぐ効果があるビタミンAやビタミンB群を食事として摂取するのも効果的なんです。

ビタミンAはうなぎやレバーが有名ですが、ほうれん草や青じそなどの緑の濃い緑黄色野菜にも多く含まれていますよ。

ビタミンB群もこれまたうなぎやレバーに含まれています。

他には青魚・大豆・ごまにも含まれているので摂取しやすいですが、水に溶けやすい成分になるので毎日のメニューに取り入れ多く取り入れるようにしましょう。

これらを気を付け乾燥を防ぐことで手術前後も問題なくスムーズになりますよ。

レーシックで視力が回復しても健康的な目であるために、これらを気を付け継続していくのが一番ですね。

このページのトップへ↑

レーシック手術日の選び方

基本的にレーシックの手術は季節を問わずにいつでも受けることができます。

しかし人によっては合わない時期があるということを知っておきましょう。

まず、花粉症の人は春先は手術を避けたほうが無難ですね。

手術後に目を擦る行為により、せっかくの手術が台無しになってしまうだけでなく、傷がついて感染症を起こしてしまうこともあるんです。

花粉症は人により花粉の種類が違うので症状が起こる時期が春だけでなく秋という人もいますので、症状が少ない時期を選ぶようにしましょう。

では夏場に受ける場合を考えて見ましょう。

術後の目に汗が入ってしまうのはよくありません。

また、目に入らないようにと汗を拭くことによりフラップがずれる可能性もゼロではありませんよね。

特に野外での仕事で汗をかきやすい場合の人はなかなか気をつけるのは難しいので避けるべきです。

仕事以外にも術後すぐには海やプールも入れませんので、夏を楽しんだ後の秋や冬の間に手術するといいですね。

しかし、レーシックの手術にあたっては万全な体調管理が必要です。

風邪をひきやすい人は冬は避けておいた方がいいですね。

手術日の選び方は季節だけではありません。

レーシックの手術には入院の必要がなく、仕事帰りに手術を受け翌日検診後なら仕事をすることも可能なので、人によっては休まず手術することも可能です。

しかし、できれば術後すぐに仕事するよりもゆっくり落ち着いてからの方がおすすめですね。

術後は目が疲れやすくなっていますので負担をかけないのが一番。

パソコンなど目を使う仕事だけでなく、肉体労働も目に負担がかかってしまうんですよ。

また通勤に電車やバスなどの公共機関を使っている人は満員の車内は危険がいっぱいなんですね。

可能であれば大型連休を使ったり、有給などを利用するのが一番理想的ですね。

レーシックは焦って行うものではありません。

あなたにあった時期を考え、早めにスケジュールを調整しておきましょう。

そして計画通り手術できるように手術前はしっかり体調を整えておくことも重要ですよ。

このページのトップへ↑

手術費だけでなくトータルコストで考えよう!

レーシックを検討する際、表示されている手術費用だけで考えてはいけません。

手術以外にも費用がかかる場合があるのでそれらも合わせた上で考えないと思っていた以上かかる場合もあるんですよ。

まずは、レーシックは手術を行えばそれでいい訳ではありません。

その後も定期的にクリニックに検診を受けに行く必要があります。

この定期検診についてはその都度検診料を支払う所もあれば、無料の所などクリニックにより違いがあります。

無料と言っても薬代は支払わないといけなかったり、逆に花粉症やドライアイまで無料で治療してくれる所など様々です。

これら詳細は各クリニックの保証制度を見れば知ることができますのでホームページや資料をしっかり確認しておきましょう。

料金の有無だけでなく、保証期間も要チェックしておかないといけませんよ。

できれば、検診代が無料のクリニックを選んでおいた方が、後々の負担がないのでおすすめですね。

さらに言えば、万が一のことも考えて再矯正を無料で行ってくれる所の方が、追加料金がかからないので安心ですね。

そして、その定期検診に通うには交通費がかかってしまう場合があります。

たかだか交通費と言えど、人それぞれ違いがあり距離が遠くなってしまうと数回通うだけで大きな金額になることもあります。

検診の回数もクリニックにより違いがあるので、それぞれ計算してから比べて見ましょう。

このように手術費以外で追加があるかどうかを確認しておけば、予算通りでローンなども計画しやすいですよ。

このページのトップへ↑

30~40代は老眼にも備えたクリニック選びをしておこう!

老眼はレーシックを受けた・受けないにかかわらず、誰にでも起こりうる老化現象となります。

いまや老眼も手術を行えば裸眼生活を送れるだけでなく、近眼も同時に治せる手術もあるんですよ。

ただし、老眼治療はレーシックを取り扱っているクリニックどこでも受けられる訳ではありません。

また方法もいろいろ違いがあります。

福岡で人気の高いクリニックの老眼治療について違いを見てみましょう。

まず、人気1位の品川近視クリニック福岡院では治療方法は同じですがタイプで分けると3種類になります。

●レーシックカメラ

近くが見えないとに悩んでいる人が受ける基本的な老眼治療です。

カメラインレーというリング状のカメラを挿入することで近くが見えるようになります。

世界でも47か国で実績があり日本でも1万人以上の実績がある手術になります。

●最高級レーシックカメラ

レーシックカメラとレーシック手術を同時に行い、近視・乱視・遠視も回復することが可能です。

●レーシック後カメラ

レーシックを受けた後、老眼になった場合に受けることが可能です。

次は、2位の神奈川クリニック眼科福岡ではどうでしょうか?

●遠近両用白内障手術

目の中にレンズを挿入することで近くだけでなく遠くも同時に回復します。

白内障の症状が出ている人も受けることができます。

●モノビジョンレーシック

片目は近く・もう片目は遠くを見やすくすることで遠近どちらも見ることができます。

手術はレーシックと同じく、レーザーを当てる方法になります。

●Add-On(アドオン)レンズ

白内障手術を受けた人が受けられ、老眼だけでなく近視・乱視・遠視などに合わせたレンズを挿入します。

このように2つのクリニックを比べただけでも、いろいろな治療方法があります。

まだ老眼が始まってはいないが、レーシックで近視や乱視を治したいという30~40代の人も多いでしょう。

しかしいつ起こるかわからない事ですので、老眼治療が出来るクリニックでレーシックを受けておいた方がいいと思いませんか?

同じクリニックで治療を受ける方が安心感も違うので、せっかく手に入れた裸眼生活を続ける為にも、レーシックを選ぶ際は老眼治療も備えた所を選ぶのがおすすめですよ。

このページのトップへ↑

手術後ホテルに滞在する人は遠方の人だけじゃない

御存知の方が多いと思いますが、レーシックの手術時間は数十分で済む為、入院する必要がありません。

手術日もご自身の予定に合わせやすく、受けやすくはなっています。

しかし、遠方から通う人や入院した方が安心という人でも、レーシック手術において入院することはできません。

ほとんどのクリニックでは入院施設が整っていないからなんですね。

なので、遠方の人はホテルなどの宿泊施設を利用しています。

レーシックでは、適応検査・手術・術後の翌日検査と最低でも3回は通わないといけませんからね。

往復の交通費を考えるとホテルに宿泊した方が安く済むという人もいます。

しかし、最近では遠方以外の人でも、手術後ホテルに滞在する人が増えているんですよ。

その理由は安全を一番に考えてのことです。

近くなら帰った方がいいのでは?と思うかもしれませんが、レーシックの術後の症状は人それぞれ違います。

手術中は痛くないですが、帰る時には麻酔は切れている状態です。

また、痛くはないが目が開けにく状態になった人もいるそうです。

帰る途中、何度も止まり、目薬を差しながらなんとか帰ったという人もいます。

さらに、夜の光はまだまぶしく感じたり、ぼやけて見え夜道が怖かったという話も聞きます。

クリニックからお家が近ければ問題ありませんが、乗り継いだり、行き慣れていない場所だと不安ですよね。

また、帰る時間帯により、ラッシュに巻き込まれたりなど、帰りにくい時間も出てくるかもしれません。

そして、女性に多いのが、ノーメイクでの来院や帰宅は無理という人です。

中には、術後、自分で目薬が差せなかったので、ホテルのスタッフに行なってもらい助かったという人もいます。

また、ホテルに比べると、家ではパソコンや本などの誘惑がありますから、つい見ちゃうことも防げます。

ホテルを選ぶ際は、できるだけクリニックの近くを選びましょう。

後は、入院したつもりで、ゆっくり過ごすのが一番ですよ。

中にはホテルなどの宿泊施設と提携し安く泊まれるクリニックもあるのでチェックしてみましょう。

このページのトップへ↑

レーシック後だけでなく裸眼に危険な紫外線

昔と比べると最近では紫外線に注意している人は多いでしょう。

これは紫外線を浴びることで皮膚ガンを引き起こす可能性が高くなるというのが知られるようになったからです。

しかし、紫外線は肌だけでなく、目にも悪影響を及ぼしているんですよ。

紫外線により発症するものは角膜炎と白内障があります。

角膜炎は、涙が出たり、目がしょぼしょぼするなんて症状だけで済む場合もありますが、白内障はひどくなると失明することもあります。

また、角膜炎は長時間外で遊んだりした際によく起こす急性の場合が多いですが、白内障は、日々浴びている紫外線が徐々に悪影響を与えていく為、常に注意しないといけません。

よく海外の人は、仕事中のスーツ姿でもサングラスをしていますが、まず瞳の色がブルー・グリーン・薄茶などと日本人の黒い瞳と比べると紫外線に弱くなります。

まぶしくて見えにくいのと、日光から目を守る手段として普段からサングラスを掛けている人が多いんですね。

現在ではオゾンホールがどんどん大きくなってきています。

オゾンホールが大きくなっていくに連れて有害な紫外線量も増えてしまいます。

しかし、瞳が黒いからと言って安心はできません。

青い瞳の人と比べると見えやすいかもしれませんが、だからと言って紫外線に強いわけではなく、同じ量を浴びれば同じように影響を受けます。

「仕事中にサングラスなんて・・・」という日本独自の文化により、サングラスがかけにくくなってはいますが、サングラスが無理なら他の対応を考えましょう。

今では、度が入っていない無色のレンズにも紫外線カットするものがあります。

レーシックを受けた後にまたメガネをかけたくないという人は、つばの大きな帽子や日傘で予防しましょう。

市販の目薬の中にも、紫外線を抑える効果ではありませんが、炎症を沈める効果があるので外から帰った後に使うといいですよ。

ただし、レーシック手術後は市販の目薬ではなく、処方された目薬を使用しましょうね。

レーシックを受ける前からも紫外線対策はするべきなのですぐにでも始めましょう。

このページのトップへ↑

レーシックは若いうちに受けた方が得?それとも待った方いい?

ほとんどのクリニックでは18歳以上であればレーシックを受けることができるでしょう。

ただし、若いうちはまだ視力が下がりやすいのでもうちょっとしてからという意見もあります。

では、まず若いうちにレーシックを受けた場合のメリットを考えてみましょう。

●長期休みがある為、手術の予定も立てやすい

大学生や専門学生のうちなら長期休暇を利用して手術を受けやすくなります。

就職してからだと、連休が取りにくい会社もあれば、有給が使いにくい会社もあり休みの調整を付けるだけで大変です。

入院する必要はないですが、術後は無理せずゆっくりとした方がいいので、休みの多い学生のうちが手術しやすいと言えるでしょう。

●術後の回復力も早い

若いうちの方が回復力が違います。

●コストパフォーマンスが高くなる

手術が受ける方が早ければ早いほど、より長い裸眼生活を送れる分、コスパも高くなりますよ。

中にはさらにお得になる学生割引のあるクリニックもありますよ。

●年齢制限により受けられない手術もある

40歳以上は受けられないレーシック手術も中にはあるんですよ。

このように、若いうちにレーシックを受けるメリットはたくさんあります。

現在、コンタクトやメガネの定期検診にきちんと行っていますか?

定期検診を受けることで、視力の上がり下がりが分かるので欠かさず受けるようにしましょう。

大きく変化していないようだったらレーシックを受けるチャンスですよ!

術後は、若くてもご自身の注意次第で視力が下がるのを防ぐことだって可能ですからね。

事前の視力のチェックと術後のケアを気をつけるだけで、若いうちのレーシックはお得であると言えるでしょう。

もちろん、手術を受ける前の今からもこれ以上下げない為に、目を酷使しないように気をつけるようにしましょうね。

気になる支払い方法ですが、学生でもローンは組めますが、学校名を記入したり、学生証が必要の場合もあります。

未成年の場合は連帯保証人が必要となりますので各クリニックに事前に確認した上、レーシックを検討してくださいね。

このページのトップへ↑

手術不要のオサートはレーシックより安全?

寝るだけで視力が回復するオサートって知っていますか?

しかも手術の必要もなく、近視も老眼も治ると言われているオサートはテレビでも紹介されました。

まず、オサートは学術名はオルケソラトロジーになります。

クリニックにより呼び名が違いますが、どちらも同じ方法になります。

オサートの方法は簡単で、夜、睡眠前に専用のコンタクトレンズを付けておくだけです。

実はこのコンタクトレンズを長時間装着することにより、角膜を変形することができ、視力が回復するんですよ。

《オサートのメリット》

・手術の必要がなく、矯正できない場合がほとんどない

・レーシックを受けられない子供でも可能

《オサートのデメリット》

・使い続けないと視力改善の効果も続かない

・一時的に角膜を変形させているだけなので中には午後には視力が戻ってしまう人もいる

・近視が強ければ裸眼で見えるようになるまでに1年かかる場合も

オサートもレーシックと同じくクリニックへ定期的に通わなければなりません。

また、手術はしないと言えどコンタクトをしたままの就寝は安全とは決して言えません。

オサート用のコンタクトは、通常よりも厚くなるので酸素を通しにくく、安全性が高いとは言いにくいでしょう。

なにしろ現在ではコンタクトによる眼病は増えています。

例えば角膜潰瘍はコンタクトに傷があることが原因により、視界が悪くなるだけでなく失明するケースもあるんですよ。

角膜浸潤は、長時間による使用や汚れたコンタクトを装着することで涙が止まらなくなり、こちらも失明する恐れがあります。

またオサートは、レーシックよりも対応しているクリニックは日本では少なく、とても歴史が浅いのが事実です。

後は、睡眠時間が短すぎる人や不規則な睡眠をする人には効果が薄くなってしまうでしょう。

そして、料金ですが38万円前後とレーシックよりも高額になってしまいます。

さらには、継続しないといけない為、交換や紛失した際のレンズ代や検査代など追加でかかる料金も増えてしまうでしょう。

継続し続け、午前中しか裸眼でいられないかもしれないオサートよりも、レーシックの方がやっぱりおすすめですね。

このページのトップへ↑

手術費だけで見比べていてはだめ!

レーシックと言っても、術式により違いは様々あり、値段も大きく違う場合があります。

レーシックは何度も受けられるものではありませんので、ご自身に合った満足度の高い手術を行えるかに重点を置きましょう。

より最新の機器や技術力が必要で、保証が長い場合の方が、手術費用も高くなりがちです。

一番安い術式と比べると、2倍や3倍になるものもありますが、今後数十年裸眼で過ごすことを考えればその差は大きいとは決して言えないでしょう。

しかも今ではローンも充実しており、多い分割回数でも無金利のクリニックがたくさんあるので、調べてみましょう。

月々数千円と負担も少なく、レーシックを受けやすくなったと言えるでしょう。

とは言っても、手術費用以外にもかかる費用があることを知っておきましょう。

●交通費

レーシックを受ける際、クリニックには、事前検査・手術・定期検査(4回以上)と合計6回以上は通わなければなりません。

会社や自宅近くの人は負担なく通えますが、遠方になればなるほど交通費が大きくなることを知っておきましょう。

また、近くても手術後は視力が安定していない場合、タクシーでの帰宅になりお金がかかってしまうことも一応想定しておきましょう。

●検査費(術前・術後)

手術前の検査と定期検診の費用は、無料~有料までクリニックにより違いがありますので事前に調べておきましょう。

特に術後調子が悪くなった際、定期検診以外にも通わないといけない場合もありますので、できれば無料の所を選んでおくと追加料金もなく安心ですね。

検査は無料でも処方される薬は有料の所もあれば、花粉症など他の眼病のお薬代も無料の所まであるので、各クリニックについてしっかりチェックしてみましょう。

●再手術費用

レーシックを受ければ必ず視力が戻るとは言い切れません。

中には手術を受けてしばらくは裸眼生活を送れたが、すぐにまた視力が落ちてしまう人もいます。

そうなるとまたレーシックを受けるしか視力回復はありません。

さすがにまた手術費用がかかってしまうのは負担が大きくなるので、再手術を無料で保証してくれるものを選んでおくと安心ですよ。

●診断書代

ご加入の保険会社に申請する為の診断書は有料になり、1通に付き3,000円~10,000円ぐらいかかります。

申請したものの保険適用外だったや、給付される保険金が診断書代よりも低いなんてことになったらどちらも損なので、保険会社に確認しておきましょう。

これら、追加される分の費用も考え、ローンの回数などを決めましょうね。

このページのトップへ↑

PM2.5対策は手術後だけでなく今すぐしっかりと!

最近よく耳にするようになったPM2.5ですが、別名は微小粒子状物質というように、2.5マイクロメートル以下の浮遊物質になります。

1ミリの1000分の1が1マイクロメートルですから見えませんし、洋服などにもすぐに付着し、室内にも持ち込みやすくなります。

普段コンタクトやメガネをしていない人でもこのPM2.5により、痛みやかゆみや充血などが増え、眼科に通っている人が増加中です。

レーシックを受けた後は異物が入らないように注意しないといけません。

目に入ってかゆくても、フラップがずれてしまう可能性がある為こすることはできません。

また、痛みが強くなってしまったり、傷が治るまでに時間がかかってしまうこともあります。

レーシックを受けた後のPM2.5対策は下記になります。

●保護メガネをできるだけ装着すること

クリニックからは術後3日~1週間程度、外出時に装着するように指示される保護メガネですが、職場でも出入りする人に付着する可能性があるので、室内でもできるだけ装着しておきましょう。

クリニックからもらう保護メガネ以外にも、防塵や花粉用メガネでもOKですよ。

選ぶ際は顔にフィットし、隙間がないかどうかをチェックしましょう。

また、くもり止め・UVカット・スマホやPCの光を抑えてくれるブルーライトカットなど色々な機能があるので、あなたに合った用途に合わせて選んでくださいね。

●空気清浄機を用意する

室内に入り込んだPM2.5は小さく軽い為、掃除機ではすべてを吸い取れませんので空気清浄機があるといいですよ。

●LINE・ツイッター・メール登録で予報情報をゲットしよう

PM2.5の1日の環境基準量は35μg/m3となります。

福岡市ではPM2.5予報情報として、基準値を超えるかどうかを毎日朝計測しネットなので配信しています。

LINEやツイッターはどちらもアカウント名が"福岡市 広報戦略室"になります。

また、福岡市の防災メール に登録すれば予報情報がメールで送られてきますので是非とも利用しましょう。

そして、レーシックをお考えの人はより安全に手術を受ける為に、今のうちから下記について対策しておくことをおすすめします。

●コンタクトは使い捨て1DAYタイプを選ぼう

小さすぎる粒子は落としにくいですし、傷が付きやすいのでレンズケア不要の1DAYタイプがおすすめです。

●防塵タイプの度入りメガネに切り替えるかメガネカバーを利用しよう

防塵タイプは度入りメガネもあるので、是非切り替えましょう。

現在お使いのメガネに取り付けられるカバーもありますよ。

これら対策でPM2.5から目を守りましょう。

特にレーシック術後はより注意し、術後のトラブルにならないようにしましょうね。

このページのトップへ↑

無金利分割払いを利用すればすぐに受けられ便利でお得

このままずっとコンタクトやメガネを使い続けたら、レーシックを受けるより高くかかる人の方が多いでしょう。

とは言っても、レーシックの手術費用を見ると数十万円になっているので、安いとは思いながらも躊躇してしまう人もいるのではないでしょうか?

そんな人の為に、多くのクリニックではローンを取り扱っています。

しかし、毎月の支払額を抑えるとその分、金利がかかってしまい、トータルすると高くつく場合もあるので気をつけなければなりません。

クリニックもたくさんの人に利用しやすいようにと、無金利ローンを用意している所もあるので、是非利用しましょう。

福岡で人気ナンバー1の品川近視クリニックも最長36回(プレミアムイントラレーシックは30回)までは無金利でローンを組むことができるんですよ。

例えば、一番安いプレミアムイントラレーシックだと、月々3,000円(30回払い)の支払いになります。

手術費が高めのアマリスZレーシックでも、月々7,200円(36回払い)の支払いで済みます。

コンタクトでも月々の維持費でこれぐらいは支払っているのではないでしょうか?

しかもレーシックなら3年払えば、その後は支払わなくても済みますが、コンタクトやメガネではずっと維持費がかかります。

メガネは壊れたり、度が合わなくなった時だけの出費になりますが、買い替える時の負担は大きくなってしまいます。

ローンを利用し、レーシックを受ければ、今までと変わらない支払いで済み、金額が変動することなく負担も少なくなりますよ。

クレジットカードで分割払いを考えている人も、同じ支払い回数なら金利を支払う分損してしまうので、無金利ローンを利用する方がおすすめです。

現金派と言う人も、無金利なら損はないので、わざわざ貯金を崩す必要もありませんね。

このように、損がなくすぐにでもレーシックを受けやすい無金利ローンを賢く利用すれば、安く済むだけでなく、負担も少なくなるはずですよ。

無金利ローンを取り扱っていると掲げていても、クリニックや術式により利用できる回数には違いがあるので、しっかりチェックしておくのだけは忘れずに!

このページのトップへ↑

福岡で人気のレーシック眼科の特徴

当サイトの福岡で人気のクリニックを見てみると、ある共通する特徴が挙げられます。

それは全国にもある点です。

福岡県民に1位に選ばれた品川近視クリニックと3位の錦糸眼科は共に全国に5箇所、2位の神戸神奈川アイクリニックは7箇所あります。

このように全国にもあるクリニックにはメリットがあります。

●経験豊富な医師やスタッフが多い

医院数が増えればそれだけ受診者も多くなります。

手術数が増えれば増えるほど、医師やスタッフの技術力も上がります。

手術数が10より100、100より1,000のクリニックの方が安心感が違いますよね。

●引っ越しても続けて通いやすい

レーシックは入院の必要がない手術で済みますが、術後も定期検診で何度か通わないといけません。

もし、引っ越した場合は、高い交通費をかけて通ったり、近くのクリニックで有料にて検診を受けなければならないでしょう。

全国にもあるクリニックなら、引っ越した場合でも通いやすくなるでしょう。

●機器が最新&充実なのに手術費用が安い

手術費用はただ安ければいい訳ではないですよね。

レーザー機器などレーシックに使う機械は最新であればある方が安全性も高く性能もよくなります。

全国にもあるクリニックは、まとめて機械や器具などを購入することで、経費を安く抑えることができます。

その為、新しい術式だけでなく、数多くの色々な術式を取り扱うことができます。

レーシックは最新の術式が全ての人に合うとは限りませんからね。

たくさんの術式から選べることで受診者も増え、更に手術費用を安く抑えることができるんですよ。

●うれしいサービスが豊富

福岡でも人気の高いクリニックを見てもらうと分かるように、無料託児所・交通費補助・提携しているホテルがあるなど、手術を受けるのに嬉しいサービスがたくさんあります。

人気クリニックのこのような共通の特徴も、それぞれにより違いがあります。

比べる際は、詳細までしっかりチェックしてからにしましょうね。

このページのトップへ↑

レーシックで福岡博多どんたくも快適参加!

福岡県民の中には、博多どんたくに毎年参加するのが楽しみという人もいるでしょう。

しかし、メガネやコンタクトで参加して大変だったという人もいるでしょう。多いのではないでしょうか。

博多どんたくは5月3日・4日と2日間あり、9時ぐらいから集合し、夜は21時ぐらいまでパレードや演舞が続く場合もあります。

ずっと踊り続けることはないでしょうが、コンタクトを長時間つけっぱなしで目が疲れたという人もいます。

また、演舞やパレードでお面を付ける場合、メガネだととっても邪魔になってしまいます。

女性の場合は、メガネだとちょっと雰囲気を壊してしまう場合もあるでしょう。

そんなことも、レーシックを受ければ、気にせず楽しむことができますよ。

だからと言って、次の博多どんたくに間に合えばいいと、ゆっくり構えていてはダメですよ。

入院の必要もないレーシックですが、術後1週間は無理な運動は控えなければなりません。

激しい運動なら1ヶ月は控える必要もあります。

また、術後は紫外線も目に刺激が強い為、できれば避けたい所です。

もちろん、視力もすぐに回復する人もいれば、上がったり下がったりなど見え方が安定しない場合も出てきます。

更に気をつけないといけないのは術後だけではありませんよ。

手術前に必ず受けなければならない適応検査は、手術で使用するデータも計る為、通常の目の状態で受けなければいけません。

博多どんたくの練習で疲れている状態では、正確な検査はできません。

そうなると、満足いく手術結果にならない可能性も出てしまいます。

博多どんたくの為に手術したのに、見えにくくなってしまったなんてことになっては最悪ですよね。

パレードだけなどちょっとだけ参加する場合や、2日間とも演舞台まで参加するなど違いがあるかもしれませんが、より早ければ早い方がおすすめですよ。

今のうちにレーシックを受けておけば、次の博多どんたくは今までで一番楽しめるはずですよ。

どんたく仲間を誘って早速適応検査を受けてみましょう。

このページのトップへ↑

福岡でも東京とレベルも金額も同じレーシックが受けられる!

『福岡より東京のクリニックの方が、よりいいレーシックが受けられるのでは・・・』と思う必要はありませんよ。

きちんとそれぞれのクリニックを見極めれば、福岡でも東京と同じレベルのレーシックを受けることができます。

クリニックをチェックするポイントとして、まずは、"福岡だけでなく東京にもあるクリニック"であるかを確認しましょう。

当サイトの人気ランキング上位のクリニックを見ても、福岡だけでなく東京にもあるクリニックばかりになっています。

例えば、第1位に輝いている品川近視クリニックを見てみましょう。

品川近視クリニックは福岡院も東京と変わらない最先端の機器を導入しています。

適応検査は国家資格である視能訓練士を中心とした専門スタッフが行い、機器も専門の臨床工学技士によりしっかり管理されています。

もちろん医師は日本眼科学会が認定した専門医であるだけでなく、症例数が1万から5万症例を超える医師が多数いるので、どこで受けても変わらない最良の手術結果を出せるでしょう。

手術費用もアフターサービスもどちらで受けても同じなので安心してくださいね。

これなら、わざわざ東京のクリニックを検索する必要はありませんね。

また、沖縄や広島などちょっと遠方の人も東京や大阪を選ぶより、より近い福岡でクリニックを探しましょう。

沖縄からレーシックを受ける場合、東京でも福岡でも飛行機を利用するでしょう。

まず、東京へ行く場合福岡と比べて飛行機の片道で1時間近く長くなってしまいます。

それぞれの空港に着いてからも、さらに時間差が出ます。

品川近視クリニックまで通う場合を比べてみましょう。

《福岡の場合》福岡空港-天神(地下鉄11分/片道250円)

《東京の場合》羽田空港-有楽町(モノレール19分・JR4分/合計片道600円)

広島から通う場合も、新幹線の乗車時間は片道だけで2時間50分も違います。

もちろん、時間だけでなく運賃にも差が出てしまい、どちらでも福岡へ通った方が安く済むでしょう。

同じ手術が受けられるなら、わざわざ高い交通費と時間をかけてまで通うことはありません。

しかし、同じ福岡にあるクリニックでも、症例数が少ない所や古い機器を使用している所もあるので気をつけましょう。

当サイトの上位クリニックを選べば安心ですよ。

ただし検査を受けてみないとレーシックが受けられるかどうか分かりません。

不安な点も相談することができるので、まずは、適応検査を受けてみることから始めましょう。

このページのトップへ↑

福岡でもレーシックは日帰り手術だが最低5回の通院は必須

福岡のクリニックでレーシックを受ける場合も、数十分の日帰り手術で済むでしょう。

手軽に受けられるレーシックですが、クリニックへは適応検査・手術・数回の定期検診を合わせると、最低でも5回は通わないといけません。

それぞれの通い方についての注意点を挙げてみましょう。

●適応検査(1回)

適応検査では瞳孔を開く薬を使用します。

その為、検査後数時間は通常より見えにくくなる場合もあるので、車・バイク・自転車などご自身で運転して通うことは避けましょう。

ご家族に迎えにきてもらったり、バスや電車を使って通うようにしましょう。

また、適応検査は通常は1回で済みますが、眼の調子が悪かったりなどで再検査になる場合もあります。

無駄に通わなくて済むように、体調をしっかり整えて検査に臨みましょう。

●手術(1回)

手術の日も適応検査と同じく公共機関や送り迎えを利用して通いましょう。

特に手術後は、すぐに視力が回復するかどうかは分かりません。

また帰宅時、ラッシュで混雑してる時間帯だと目をぶつけたりしないかも不安ですよね。

迎えを頼めない場合は、タクシーを利用することも考えておきましょう。

もちろん、手術前も体をしっかり休めて、万全な体調に整えておくことを忘れないようにしましょうね。

●定期検診(3回~6回)

受けた手術方法により定期検診に通う回数が変わるだけでなく、検診日まで指定されることがあります。

どのレーシックを受けても必ずあるのが、手術後の翌日に受ける検診です。

翌日には視力がはっきり回復している人も多くはなりますが安全を考え、2~3日は運転を控えておきましょう。

つまり、2回目以降の定期検診には車を運転して通うことはできますが、駐車場完備のクリニックはほとんどありません。

福岡で人気の上位クリニックにも専用駐車場はないので、車で通う場合は近くの有料パーキングを利用しましょう。

公共機関を利用する場合は、通いやすいルートを探し、時刻表をチェックしておきましょうね。

クリニックへ通う場合は予約制になっている為、バスを利用する場合は、渋滞しやすい時間もしっかり把握しておきましょう。

そして、手術後経過がよくない場合は、定期検診以外にも通うこととなり、通院回数が増えることもあるでしょう。

入院しなくて済むとは言え、大切な目の手術を行なっていますので、術後はより安全第一を考え安静にしておきましょう。

そうすることで通う回数が増えることもなく、回復もスムーズでいられますよ。

このページのトップへ↑

レーシックを受ける前に福岡出身の有名人の体験談を参考に

レーシックを受けようかどうか迷っている人の中には、『本当に術後に裸眼で快適に生活できるかどうか』と不安の人も多いでしょう。

ネットで検索すれば、たくさんの体験談を見ることができますが、全て事実とは言い切れません。

中には評判を上げる為や、逆にライバルのクリニックの評判を下げるなりすましの体験談も混ざっているかもしれません。

それなら、有名人のレーシック体験談をチェックしてみるのがおすすめです。

有名人なら、テレビでの活躍だけでなく、ブログなどで日々の生活なども知ることができるでしょう。

全く知らない人の体験談より信用できますよね。

有名人でレーシックを受けている人はジャンルを問わずとても多くいるんですよ。

ここでは福岡出身の有名人でレーシックを受けた人をピックアップしてみましょう。

●小柳ルミ子さん(歌手)

小柳ルミ子さんは近視と老眼があり、眼鏡とコンタクトを併用していました。

福岡でも人気ナンバー1の品川近視クリニックで近視と老眼治療が同時に受けられるカムラインレーを受けました。

たった1度、数十分の手術を受けただけで、便利なだけでなくオシャレも楽しめ、裸眼で車の運転も困らない快適生活を送っているそうですよ。

●KABA.ちゃん(タレント・振付師)

オネエキャラで人気のKABA.ちゃんもレーシックを受けているんですよ。

福岡で2番目に人気のある神戸神奈川アイクリニックは、お友達から勧められてレーシックを受けました。

レーシック後は、今まで悩んでいた肩こりが減ったそうですよ。

また、長くなる収録での充血や、飛行機など移動時の付け外しなど、コンタクトのストレスがなくなったそうです。

度なしのサングラスや眼鏡をファッションアイテムとして楽しめるようになったそうですよ。

●パンクブーブー(お笑い芸人)

パンクブーブーは佐藤さんも黒瀬さんもどちらもレーシックを受けているんですよ。

佐藤さんは、不安だった手術もしっかりと手を握ってくれていたので安心して受けられたそうです。

黒瀬さんは0.08から1.5まで視力が上がった為、20年ぶりに裸眼で自分の顔をぼやけずに見れたと感動しています。

ただし、黒瀬さんはメガネをかけているというイメージが定着してしまった為、今では度の入ってないメガネをかけています。

なんでも、芸人の間ではレーシックを受けると売れるというジンクスもあるそうですよ。

アンジャッシュ渡部さん・フットボールアワー後藤さん・ノンスタイル井上さん・南海キャンディーズ山ちゃん・ ハリセンボン近藤春菜さんなどレーシックを受けた芸人さんをみると納得できますね。

これらを参考に、みなさんもレーシックを受けて、明るく快適な世界を手に入れちゃいましょう。

このページのトップへ↑

福岡でレーシックのモニターを受けることはできる?

クリニックによっては、レーシックのモニターを募集している所もあります。

レーシックを受けているという人は多くなっていますが、全ての人がブログなどで体験談を載せている訳ではありません。

まだレーシックについてよく知らない人も多かったり、受けたいけど不安で迷っているという人もまだまだ多数います。

その為、各クリニックではモニターを募集し、体験談をインタビューやアンケートし、ホームページなどに掲載しているんですよ。

つまりモニターだからと言って、手術を適当に済ますことはないのでご安心ください。

そんなお得なモニターですが、知っておいて欲しい点や注意しなければならない点があります。

●すべてが無料ではない

まず、モニターには無料から割引などいろいろあります。

無料であったとしても、クリニックへ通う交通費は負担しなければなりません。

他にもモニターの場合、検査料は別途有料ということもあるので無料だからと安心せず、詳細までしっかりチェックしておきましょう。

●期間限定&抽選に当選しないといけない

モニターを受けられる人数は限定の場合がほとんどになり、お得にレーシックを受けられることで応募する人数もやはり多くなってしまう為、抽選になるでしょう。

そもそもモニターは期間限定などで常に行われている訳ではないので、当選する確率はかなり低くなってしまいます。

当たるまで待つのであれば、さっさとレーシックを受けた方がいい場合もあるでしょう。

●手術方法や手術日が限定されることも

モニターには条件などがあり、指定された手術方法のみだったり、手術日が限定されることもあるので気をつけましょう。

●体験談は顔写真が載ることも

体験談は、クリニックのホームページやパンフレットなどに掲載されますが、顔写真・名前・年齢などが載ることを知っておきましょう。

他にもモニターにより変わってくるので、まずはそれぞれ募集の確認事項や注意点をしっかり読み、損がないかどうかをしっかり確認しましょう。

注意点がどれも問題なく、タイミングが合えば利用した方がお得ですが、レーシックを受けるには体調やスケジュール管理もしっかり整えることが大事です。

いくらモニターで安く済んだとしても、無理して受けて後から後悔することがないようにしましょうね。

モニター募集情報は、各クリニックのホームページなどでチェックできます。

福岡で人気の高いクリニックのホームページは、当サイトからワンクリックでひとっ飛びできますので、便利に利用してくださいね。

このページのトップへ↑

レーシックを受ける最適の適齢期を知る方法とは?

まず、レーシックを受ける際に年齢制限はあるのでしょうか?

一般的に18歳未満はレーシックを受けることができません。

なぜなら、レーシックはその時の視力を矯正することができるだけだからです。

若いうちは、まだまだ視力が安定しておらず、レーシックを受けてもすぐにまた下がってしまうこともあるからなんですよ。

福岡の人気ランキングの上位クリニックは全て、18歳以上から手術可能となっています。

ただし、未成年の場合は保護者の同意が必要となります。

では、上限は何歳までかというと、特に決まりはありません。

手術を受けられない眼病などもなく、角膜も厚みがあれば60歳を超えていてもレーシックを受けている人はたくさんいますよ。

逆に、40代でも手術を受けられないことはあるので、こればかりはそれぞれが検査をしてみないと分かりません。

その為、一般的な適齢期というと、30代ぐらいと言われていますが、みなさんそうとは限りません。

同じ視力でも、元々の角膜の厚みは違いますし、コンタクトを使い続けることで角膜が薄くなることもありますからね。

かと言って、早く受ければいいとも限りません。

視力がまだまだ変動している時にレーシックを受けても、また下がってしまう可能性は高くなりやすいんですよ。

ご自身の適齢期を知るには、定期的に視力検査を受けましょう。

コンタクトや眼鏡を購入する時だけ視力検査をしていてはご自身の視力が変動しているか分かりづらいですからね。

視力を知るだけでなく、眼病などないかも知ることができるので、定期的に調べてもらうのはおすすめですよ。

しかし、普通の眼科では眼病や視力は検査できても、レーシックを受けられるかどうかは知ることができません。

レーシックが受けられるクリニックなら、手術可能かどうかだけでなく、眼病も視力も一度に調べてもらえますよ。

適齢期かどうかを知る為にも、是非1度クリニックでの適応検査を受けてみるといいですね。

このページのトップへ↑

ゴルフ好きの人におすすめのレーシック後の注意点とは

レーシックを受けると、術後いろいろと注意しなければならないことがあります。

ここではゴルフ好きの人に限定した注意点を挙げていきましょう。

まず、レーシック後は運動に気をつけなければなりません。

日帰りで帰れる手術とは言え、術後の安静は必要ですからね。

角膜が安定する術後1週間は、運動は控えなければなりません。

打った打球をしっかり裸眼でチェックできる喜びを早く味わいたい所ですが、ゴルフもレーシックを受けてから1週間は控えましょう。

また、ゴルフの後のお風呂を楽しみにしている人もいるでしょう。

しかし、レーシック後シャワーなどは翌日から可能ですが、温泉などはたくさんの利用者がおり、感染する可能性もゼロではありません。

また、1週間は目に水が入らないように気をつけなければならないので、はっきり見えて体も元気という場合も我慢しましょう。

レーシックを受けると、早ければその日のうちからはっきりとした視界を手に入れられるでしょう。

しかし、中には、視力が上がったり下がったりなど安定するまでに時間がかかる場合もあります。

こればかりはレーシックを実際に受けてみなければ分からないので、大事なコンペやゴルフ旅行を控えている場合は、余裕をもった手術スケジュールを立てるようにしましょう。

術後1週間経てば、今まで通り・・・ではダメですよ。

1番注意したいのが紫外線です。

レーシックを受ける・受けない関わらず、紫外線は目にとって有害です。

特に、今までは眼鏡やコンタクトのレンズにUVカット加工がされており、知らず知らずのうちに守られていました。

しかし、レーシックを受けた後、裸眼のままでは紫外線の影響を受けやすく、せっかくはっきり見えるのに、眼病になってしまってはいけません。

また、ゴルフ中は風やほこりが入りやすくなってしまうので、ゴルフ用などスポーツタイプのサングラスがおすすめですよ。

UVカット仕様で紫外線から守ってくれるだけでなく、風やほこりも入りにくいデザインになっているので、レーシックに合わせて1つは用意しておきましょう。

術後もスムーズにゴルフが始められるようにこれらに注意しましょうね。

このページのトップへ↑

九州地方の方は福岡でレーシックを受けるのがおすすめ

このサイトを今ご覧の方の中には福岡県在住以外の人もいるでしょう。

もし九州地方の方なら、福岡でレーシックを受けるクリニックを探すのがおすすめです。

福岡が、九州地方の中でも一番多く、クリニックが集まっていますからね。

ここでは、レーシック手術を受けたい鹿児島県民を例に挙げてお話を進めていきましょう。

鹿児島県内にもレーシックを受けられる所はありますが、福岡と比べるとかなり少なくなってしまうでしょう。

さらに、体験談を検索してみても少なく、残念ながら比較できるほどありません。

その為鹿児島県内から、クリニック数だけでなく体験談も多い福岡までレーシックを受けに行く人が増えているんですよ。

『でも、受けるなら福岡より東京の方がいいんじゃないの?』と思う人もいるでしょう。

しかし、福岡でも人気の高い品川近視クリニックや神戸神奈川アイクリニックを選べば、わざわざ東京まで通う必要はありません。

●福岡でも経験豊富な医師がいる

どちらのクリニックも東京だけでなく福岡のクリニックにも経験豊富な医師が揃っていますよ。

●交通費が高くなる

鹿児島から福岡と東京に通う為の交通費を調べてみました。

(鹿児島から福岡に通う場合)

・新幹線-1時間39分(正規片道運賃10,170円)

・高速バス-3時間50分(正規片道運賃5,300円)

(鹿児島から東京に通う場合)

・飛行機-1時間40分(正規片道運賃19,800円)

通うのは手術日だけでなく、事前の適応検査や手術後の定期検診もあり数回通う必要があります。

福岡までの高速バスは時間がかかってしまいますが、30~60分間隔で1日24往復と便数も多く、夜間便もあるんですよ。

また、鹿児島から通う場合、品川近視クリニック・神戸神奈川アイクリニックどちらとも交通費を一部負担してくれるのはうれしいですね。

品川近視クリニックは公共の交通機関のみなので、車で送ってもらったり、タクシーを利用した等の場合は対象外となります。

新幹線や高速バスなどの領収証を提出する必要があるので気をつけましょうね。

神戸神奈川アイクリニックはご本人の現在住所が確認できればいいので、免許証などの身分証明証を持参しましょう。

ただし、交通費一部負担についてですが、神戸神奈川アイクリニックは福岡以外の方は対象となりますが、品川近視クリニックは、鹿児島・宮崎・長崎のみの対象となっていますのでご注意下さい。

ここでは、鹿児島県を例に挙げましたが、他の九州地方の方も県内のクリニックではなく、福岡のクリニックがおすすめなのでこのサイトを参考にしてみてくださいね。

このページのトップへ↑

福岡レーシック対決!クリニックVS眼科

福岡県内だけでも、レーシックを受けられる所はいろいろと検索することができます。

ここではレーシックを専門的に扱っている所を"クリニック"、一般的な眼の治療も行っている所を"眼科"と分けてどのような違いがあるかを比べてみましょう。

まず、福岡の眼科のメリットとデメリットを挙げ、クリニックと比較していきましょう。

《眼科のメリット》

●担当医が決まっている安心感

眼科の場合、最初から最後まで同じ医師が担当してくれる場合が多いでしょう。

それに比べてクリニックでは効率を良くするため、毎回医師が違う場合もあるでしょう。

しかし、福岡でも人気第1位の品川近視クリニックなら、どの医師もレーシックのスペシャリストで経験豊富なので任せて安心なんですよ。

●レーシック以外の目の治療も可能

眼科ではレーシック以外の診察や治療も可能なのはうれしいですね。

ところが、クリニックの医師もレーシック手術だけができるのではなく、一般的な眼科医師としての経験を持った眼科専門医なんですよ。

そのクリニックでは治療ができない場合もありますが、しっかりと眼病など異常がないかを診断してくれるでしょう。

品川近視クリニックでは、レーシックだけでなく、白内障・飛蚊症・ドライアイの治療も可能です。

福岡で人気第2位の神戸神奈川アイクリニックでレーシックを受けたら、1年間のドライアイと花粉症の治療費と薬代も無料となっていますよ。

《眼科のデメリット》

●土日祝日が休みが多い

当サイトのレーシック手術眼科一覧に載っている眼科をチェックしてもお分かりの通り、土日祝日が休診日の所が多いんですね。

レーシックは入院の必要はありませんが、手術翌日の検診は必須となっています。

平日しか手術を受けられない上、翌日も検診に通うとなると、仕事が忙しい人には通いにくくなってしまうでしょう。

それに比べてクリニックは土日祝日も手術を受けられる所が多くなっています。

品川近視クリニックも神戸神奈川アイクリニックも、土日祝日も手術可能ですよ。

さらには、診察時間も眼科と比べると長いので、定期検診も通いやすくなりますね。

●手術数はクリニックと比べると下がる・・・

レーシックだけを専門に扱っているクリニックと比べると、一般治療も行っている眼科は手術数が少なくなってしまいます。

大事な眼の手術なので、できるだけ経験の多い医師に手術を行って欲しいですよね。

他にも、品川近視クリニックや神戸神奈川アイクリニックでは適応検査や定期検診は無料ですが、眼科は有料となっている所が多いんですよ。

このように比べると、福岡でレーシックを受けて満足したいなら眼科よりレーシックを専門的に扱うクリニックがおすすめですね。

このページのトップへ↑

後遺症のない視力回復方法はレーシックに勝る?

レーシックは手術により視力を回復することができます。

入院の必要のない手術の上、早ければその日のうちから裸眼ではっきり見ることもできるんですよ。

しかし、手術には多少のリスクを伴い、後遺症が出る可能性も低いとは言え全く無いとは言い切れません。

ではレーシック以外に視力を回復する方法はあるんでしょうか?

ネットや福岡でも噂されているレーシック以外の視力回復方法をいろいろと調べてみました。

●視力回復トレーニングとは?

手術の必要のない方法としてよく聞くのがこの視力回復トレーニングでしょう。

呼び名やトレーニング方法など若干の違いはありますが、基本的な考え方は同じで、眼の筋力を鍛えることで視力を上げていきます。

しかし、種類は多種多様です。

視力回復センターなど通う方法もあれば、眼科医が考案した視力回復メソッド本などを利用して自宅でトレーニングする方法もあります。

他にもピンホールメガネや専用の視力回復機器を使用するものもあるんですよ。

メリットは手術だけでなく、医療行為もないので後遺症の心配がないことです。

また、ゲームソフトになっていたり、アプリもあるので簡単で気軽に試せる点もうれしいですね。

しかし、劇的に視力が上がり裸眼になったという人は少ないのが現状です。

目の健康にとってはいいですが、長く続けてもコンタクトやメガネが不要になるまでの視力アップは難しいですね。

●目薬をさすだけで視力回復できる?

最近話題になっているのは、視力回復できる目薬ではないでしょうか。

目薬をさすだけで視力がアップするなら簡単ですよね。

しかもテレビでは『5日させばメガネ要らずに』なんて紹介されたそうです。

目薬には数種類あり、市販はされておらず、医師の診察が必要です。

まず、"ジクアソホル"や"レバミピド"についてですが、これらはムチンの分泌を促す目薬になります。

目が乾燥することにより、視力が下がってしまうこともあります。

ムチンでしっかりと乾燥しない目にすることで、視力を上げていきますが、ドライアイの人でないと効果はありません。

他にも"ミドリンM"という目薬もありますが、これをさすことで瞳孔を拡大したり、目の筋肉の緊張をリセットしてくれ、視力アップを狙っています。

ただし、ミドリンMは眼圧が上がる副作用があったり、視力が下がりたての人にしか効果がないこともあります。

●老眼鏡をかけることで近視を回復可能?

雑誌などで老眼鏡をかけることで近視を回復できると紹介されたらしいですが、医学的な実験をもっても間違いだそうです。

これら、いろいろと視力回復方法はありますが、すぐにそして確実に裸眼になりたい福岡の人には、やっぱりレーシックの方がおすすめですよ。

このページのトップへ↑

レーシックの口コミで見かける失敗談は本当?

レーシックの口コミ情報を検索すると、成功して満足しているものだけでなく、失敗して後悔しているというものも中にはあります。

まずこれは事実かどうかは正直分かりません。

中には噂が大きくなってしまい、結果"レーシックで失明してしまった"というものもあるでしょう。

そもそもレーシック手術では失明する心配はありませんからね。

では今まで、レーシックにおいて実際に起きた訴訟を挙げてみましょう。

●衛生管理が不十分による感染症が起きてしまったケース

医療機器の消毒がきちんと行われていない為、角膜炎になったり、角膜が濁ってしまった事例が過去にあります。

もちろん、これは完全なるクリニック側に問題があります。

これらを防ぐ為には、どのような衛生管理を行っているかだけでなく、実際にそこで手術を受けた人に感染症にかかっていないかを調べてみましょう。

ただし、術後はご自身でもしっかり気をつけなければなりません。

いくら、衛生管理が整ったクリニックで手術を受けても、汚れた手で目薬をさしたり、術後すぐに温泉などに行ったりすることでも感染症は起こりますからね。

術後1週間は、ご自身でも特に注意して医師に言われた注意点を守りましょう。

●インフォームドコンセント不足によるケース

インフォームドコンセントとは、手術や治療などの内容について患者に対してしっかり説明を行い、十分に理解した上で合意を得ることです。

レーシックは手術であり、確率は低いとは言え多少のリスクが伴います。

万が一出るかもしれない合併症などについての説明までも、きちんとしないければいけません。

訴訟になったこのケースの場合、ただ視力が回復するというメリットだけの説明しかせず、デメリットの点を全くしていなかったそうです。

つまり、適応検査の際、ただレーシックが受けられるかどうかだけでなく、リスクもしっかり説明するクリニックでなければ、そこでは受けない方がいいでしょう。

なにより、分からない点は、適応検査時に行われるカウンセリングで納得するまでどんどん聞いてみましょう。

ネットで書かれていることを鵜呑みにして後々後悔してはもったいないですよ。

誰もが初めて受けるレーシック手術ですからね。

逆に分かるまで説明してくれなかったり、時間をかけてくれないようなクリニックは避けるべきです。

過去に起こったレーシックの失敗談は単純に鵜呑みにせず、クリニック選びは慎重に行って福岡でも信頼できる所をみつけましょうね。

このページのトップへ↑

レーシックで保険の給付を受ける際の注意点とは

レーシック手術でもご加入の生命保険や医療保険があれば、手術給付金を受けることもできる場合があります。

ここでは、保険の給付について、ぜひ知っておきたい注意点をまとめてみましたので福岡でレーシックを受ける人はぜひ参考にして下さい。

《保険給付についての注意点》

●片眼ずつ手術すれば手術給付金も2倍?

まず、術式によっては片眼ずつしか手術できないものもありますが、基本的にレーシックは両眼同時に手術を行います。

手術も2度受けなけれなりませんし、無理して片眼ずつの手術するメリットはありませんよ。

●新たに加入してはダメ

レーシック手術はご自身でいつでも手術日を決めることができます。

その為、手術前に保険に加入すれば給付金がもらえてラッキーと思うかもしれませんが、それはダメですよ。

最近の医療保険ではレーシックは給付対象外となっているものも増えているので、手術前に新たに保険に加入は止めましょう。

●入院給付金はもらえない

レーシックは手術を受けてから1~2時間程度で帰ることができるので、入院の必要がありませんし、入院給付金目当てで入院することはできません。

そもそも、入院設備が整っているクリニックはほとんどありませんからね。

その為、日帰り入院扱いもできませんのでご注意下さい。

●保険会社に給付金額を事前確認しよう

給付金は加入している保険により違います。

保険証書に明記されている手術給付金がそのまま給付されるとも限りません。

事前に必ず、ご加入中の保険会社に問い合わせをして受け取れる金額の確認をしておきましょう。

ネットで検索すると○○保険は給付可だけど、△△保険は給付適応外なんて情報もあるでしょう。

しかし、同じ保険会社でも、加入した日により違いで出てくる場合もあるので、必ず直接確認しておきましょうね。

●診断書は有料

手術給付金を受取るにはクリニックで書いてもらう診断書が必要となりますが、診断書は有料となります。

福岡で人気の品川近視クリニックでは1通9,000円、神戸神奈川アイクリニックでは1通5,000円となっています。

2つ以上の保険にご加入の方は、各保険会社に診断書はコピーでもいいかどうかを確認しておくと、その分無駄な出費を抑えることができますよ。

●事前に診断書を取り寄せておくと◎

レーシック手術前に診断書を取り寄せておくと、早く給付金を受取ることができますよ。

品川近視クリニックは、窓口に直接持っていくだけでなく、郵送での作成依頼も可能です。

これらについてしっかり知った上でスムーズに保険の給付を受けて、福岡の人もレーシックの手術費用の負担を軽くしましょうね。

このページのトップへ↑

レーシック前にセカンドオピニオンとして2つ以上で検査が◎

セカンドオピニオンとは、他の医師に意見を求めることをいいます。

福岡のクリニックで適応検査を受け、いざレーシックを受けるとなっても『本当にこの術式でよかったんだろうか?』という不安も出てくるかもしれません。

また、受けようと思った術式が受けられない場合、『他なら受けられるかも・・・』と諦めたくない人もいるでしょう。

そんな為にもセカンドオピニオンとして、2つ以上のクリニックで適応検査を受けるのはオススメです。

《2つ以上のクリニックを受ける際の注意点》

●検査はそれぞれで行う必要がある

同じレーシックでもクリニックにより扱っている機器や手術方法などには違いがあるように、検査方法にも違いがあります。

また適応検査で測定したデータを手術でも使用しています。

その為、Aクリニックで検査したデータをもらい、Bクリニックでは検査せずに診断してもらうということはできません。

訪れるクリニックごとにしっかり検査を受ける必要があることを知っておきましょう。

●同日のはしごはできない

適応検査では、網膜を調べる検査の為、瞳孔を開く薬を使用します。

この薬の効果は4~6時間続く場合があります。

その為、同じ日に2箇所以上のクリニックをはしごして適応検査を受けることはできません。

これらに注意して適応検査を受けて比較してみるといいでしょう。

もちろん、他でも適応検査を受けていることを言ってもかまいません。

そもそも使用している機器などクリニックにより違いがありますが、素人では何が違うのか分かりませんよね。

カウンセリングの際、他で勧められた術式と比べて何が違うのかを質問してみると分かりやすくなるでしょう。

セカンドオピニオンを受けていることを伝えることで態度が変わるようなら、そのクリニックで手術は受けるべきではないということを知ることもできますね。

ただし、レーシック手術を受けた後のセカンドオピニオンは難しくなるのが現状です。

クリニックにより機器も術式も異なりますし、手術前のデータなども分かりませんよね。

日本医師学会も、基本的には手術を行ったクリニックにより術後の治療を続けていくのが望ましいという考えとなっています。

とは言っても、クリニックによってはセカンドオピニオン外来を行っている所もあります。

しかし、診察料金は1回1万円などと少し高くなってしまうでしょう。

それよりも、術後にセカンドオピニオンの心配が必要ないように、保障が長く手厚い所かどうかもしっかり確認した上でクリニック選びを行いましょうね。

このページのトップへ↑

レーシックで人相は良くなる?悪くなる?

レーシックを受けたことで、ただ裸眼になれるだけではなく、もう一つうれしいメリットがあります。

実際にレーシックを受けた人の感想をチェックしてみるとよく聞くのは、『人相が良くなった』ということです。

メガネが似合っていれば知的な雰囲気でいいのですが、似合わないけどコンタクトは使いづらいから仕方なく・・・という人もいらっしゃいますよね。

また似合っていても、度数が合わないことで見えにくく、にらんでいるように見られたりと悪い印象になることもあります。

他にも、近視は度数が上がると目が通常より小さくなり、逆に遠視は大きくなるなどと、顔の印象も大きく変わってしまうこともあるでしょう。

つまり、メガネが似合っている人も印象を変えたいなら度が入っていないファッションメガネで十分なんですよ。

レーシックを受けておけば、TPOに合わせて、自由に選びたい放題ですよ。

また、メガネが不要な場面でもはっきり見ることができるんですからね。

そして今、巷でよく言われているのが、『レーシックを受けることによって人相が悪くなるのでは?』ということではないでしょうか。

レーシックを受けたサッカーの本田選手の人相が変わったのはレーシックに失敗したからだとネットでは取り上げられています。

確かに、昔の写真などと比べると最近の本田選手の人相は違いがあるでしょう。

しかし、じっくりよく見てみましょう。

左右の黒眼の位置も正常なので、斜視ではありません。

何がおかしいかというと、まぶたの開き方が左右で違う為、人相が変わって見えているんですね。

まず、レーシックでは、角膜にレーザーを当てるだけなので、まぶたも神経にも影響はあたえませんから、レーシックで人相が変わることはありません。

ちょっとした表情の撮り方でも左右のまぶたの開きが異なって取られることもあるのですし、これだけでレーシックの影響とも言えないのです。

本田選手本人はレーシックによる後遺症もないと言っていますし、活躍しているプレーを見れば問題ないのがすぐに分かるでしょう。

ネットではちょっと騒ぎ過ぎですが、これだけ多くの人がレーシックを受けているのに他に人相が変わったという人が出てくることも聞くこともありませんから安心していいですよ。

このようなことから、レーシックを受ければ、人相は良くなる場合が圧倒的に多いと言えるでしょう。

今まで目が小さく見えてた人や、つい細めて見てしまっていた人もレーシックで好印象になるはずですよ。

このページのトップへ↑

ネット上のレーシック情報には事実もデマも混ざっている

レーシックを受けたい人なら一度は『レーシック難民』という言葉を聞いたことがあるでしょう。

レーシックを受けた後に、後遺症などに悩んでいる方たちをこう呼ぶらしいですが、実際にはここ10年以上レーシックによる訴訟は起きていません。

あのアメリカでさえレーシックの訴訟によるニュースは聞きませんよね。

レーシック難民によれば、手術前に同意書に署名してしまったから訴訟できないと言っているみたいです。

しかし、同意書はどんな手術の場合でも署名するのが普通ですし、医師のミスなどなら訴訟は可能です。

その為、レーシック難民自体がメガネ店やコンタクトレンズ業者によるデマではないのかという説もあるぐらいです。

まあ、これもネットによる噂なのではっきりと断言はできませんが、レーシックを受けている人は世界中で年間300万人もいるのはまぎれもない事実です。

そもそもレーシックは手術を受けなければならないので、リスクはあります。

これはレーシックに限らずどんな手術でも言えることでしょう。

しかし、リスクが高いのであれば、毎年こんなにもの人々がレーシックを受ける訳ありませんよね。

福岡でも人気の高い品川近視クリニックでは98%以上の方が視力が1.0以上に回復しており、残った2%の方も再度治療や手術により回復していることを断言していますよ。

もちろん、全てのクリニックが安心かと言えばそうではありませんので、選び方もとても重要となります。

調べてみると今までに起こった日本でのレーシックの訴訟に、集団感染症によるもの1件と、医師のミスとインフォームドコンセントがしっかり行われなかったものが2件ほどありました。

感染は、クリニックの衛生管理が悪く、器具の消毒などを怠った為に手術を受けた患者が集団で感染症になってしまいました。

もう1つは、レーシックについての説明を怠ったことプラス手術ミスが原因により視力が下ってしまいました。

このような事にならない為にもクリニック選びは慎重に行いましょう。

また、みなさんがしっかりリスクを知り納得した上で手術を受けることも重要です。

医師に言われるがままや、友達も受けたからという人任せでは、後で後悔しても悔やみきれませんよ。

気になる点があれば、みなさんが納得するまで聞きましょう。

また品川近視クリニックでは、カウンセリング以外にも、無料のメール相談・無料で送付してもらえる資料・説明会などでしっかり相談したり不安を解決することができるでしょう。

このように、ネット上ではデマか事実か一見して素人には分からない情報もあるので、直接医師に聞いてみると安心ですよ。

このページのトップへ↑

福岡最南端の大牟田市民も福岡市内のクリニックがおすすめ

福岡県最南端である大牟田市の場合、福岡市内より熊本市内の方が近くなりますよね。

大牟田市にはレーシックを受けられるクリニックがないので、福岡市内か熊本市内どちらかに通わなければなりません。

調べた所、熊本県内には現在1件のクリニックでのみレーシックを受けることができます。

ここでは、福岡市内で人気ナンバー1である品川近視クリニック福岡院と熊本県内にある九品寺アイクリニックを比較して大牟田市民にはどちらがいいかを調べてみました。

《通院比較》

(福岡へ通う場合)

大牟田駅-西鉄福岡(西鉄天神大牟田線急行利用の場合)乗車時間1時間2分・片道1,000円

西鉄福岡駅からは徒歩5分ぐらいとなっています。

(熊本へ通う場合)

大牟田駅-熊本駅(JR快速くまもとライナー利用の場合)乗車時間44分・片道1080円

熊本駅前駅-九品寺交差点駅(熊本市電A系統利用の場合)乗車時間26分・片道150円

九品寺交差点駅からは徒歩1分もかかりませんが、大牟田駅からだと福岡市内へ通う場合と比べて熊本へ通う場合、乗車時間も長く運賃も高くなってしまいます。

《費用比較》

(品川近視クリニック福岡院の場合)手術費用9万2千円~32万円・適応検査費用無料・定期検診費用無料

(九品寺アイクリニックの場合)手術費用35万円・適応検査費用3千円・定期検診費用(3ヶ月以降)2~3千円

九品寺アイクリニックでは、翌日・1週間後・1ヶ月後の定期検診は無料ですが、3ヶ月後・半年後・1年後の定期検診は有料となります。

一方、品川近視クリニック福岡院なら、保証期間最長10年も無料で検診を受けることができます。

《手術数比較》

(品川近視クリニック福岡院の場合)全16種類の術式あり

(九品寺アイクリニックの場合)片眼か両眼のみの選択で術式は1種類のみ

品川近視クリニックでは通常のレーシック手術だけで6種類から選ぶことができます。

また、角膜が薄い場合などレーシックが受けられない場合も他の視力回復手術もたくさん扱っているんですよ。

《体験談比較》

ネットで検索してみると、九品寺アイクリニックでは、公式のホームページのみでしか体験談を見つけることができませんでした。

それに比べて品川近視クリニックではたくさんの体験談を知ることができました。

これらのことから大牟田市民の方も福岡市内までレーシックに通うのがおすすめですよ。

余談ですが、大牟田市出身のあびる優さんも、ここで紹介した品川近視クリニックの近くにあり当サイトでも2位の神戸神奈川アイクリニックでレーシックを受けているんですよ。

当サイトの人気ランキングを参考にすれば無料で適応検査可能なのでまずは受けてみましょう。

このページのトップへ↑

温泉・祭と楽しみいっぱいの朝倉市民はレーシック時期も考慮

福岡の中南部に位置する朝倉市民でレーシックを受けたい人はレーシックの時期も考えておきましょう。

まず朝倉市には2つの大きな奇祭がありますよね。

・おしろい祭り(12月上旬)

五穀豊穣を祈願するお祭りで、新米を粉にし、水で溶いたおしろいを顔に塗って占いというお祭り

・泥打祭り(3月下旬)

家も人も道路も泥だらけになり、代宮司に泥が付くほど豊作とされるお祭り。

メガネやコンタクトでは参加できなかったり、見るだけで楽しんでいたという人もいるでしょう。

しかし、レーシックを受ければ、しっかりお祭りに参加でき楽しむことができるでしょう。

また、朝倉市には原鶴温泉など、福岡県の中では有名な温泉がたくさんあり、楽しんでいる人もいるでしょう。

温泉に入る場合、裸眼だと見えにくい場合がありますよね。

せっかくの絶景が見られないのはもったいないでしょう。

また、コンタクトをつけたままでは、外れてしまったり、気軽に顔をバシャバシャ洗うのも気を使ってしまいますよね。

レーシックを受ければ、絶景もはっきり見ることができ、コンタクトを紛失する心配もなく今までより楽しむことができるはずですよ。

《楽しむ目的に合わせて手術日を決めよう》

ただし、お祭りの場合、どちらも目に泥やおしろいが入ってしまう恐れがあります。

レーシックの術後1ヶ月ぐらいは目に異物が入ってはいけないように気をつけなければなりません。

手術翌日からシャワーやお風呂に浸かることも可能です。

しかし温泉も公共施設でいろいろな人が利用しているので感染症を防ぐ為、術後1ヶ月は控える方がいいんですよ。

これらのことから、レーシック手術を受ける時期をしっかり考えましょう。

お祭りも温泉も楽しみたいのであれば、夏のうちにレーシックを受けておくといいですね。

ただし、その夏のプールは温泉同様に、術後1ヶ月は入れないので注意しましょう。

このように、術後1ヶ月は我慢しなければならないことも出てきますので、空いている時期を狙ってレーシックを受けましょう。

もちろん、1ヶ月とは、順調に回復した場合であり、安定するまでに時間がかかってしまうこともありますので、余裕を持って早めに受けておくといいですね。

このページのトップへ↑

花粉飛散が多い福岡市民は早くレーシック手術するのがおすすめ

都道府県別の花粉症有症率を見ると、福岡県は47都道府県中36位と少ない方だといえるでしょう。

有症率は15%前後ぐらいになり、福岡県民の中の7人に1人ぐらいが花粉症となります。

しかしながら、スギやヒノキの花粉飛散量を調べてみると、福岡市内は全国の区市町村で20位にランクインするほど多いんですよ。

《コンタクトの着用で花粉症の症状が強くなってしまう場合も・・・》

コンタクトをつけていれば、花粉症も安心って思っていたら逆で、さらに症状を強めてしまうこともあるんですよ。

コンタクトに花粉が付着し、目を擦ってよけいに傷つけてしまう危険も出てきます。

そもそもコンタクト自体が目にやさしいものではありません。

酷い場合は、花粉症でコンタクトが装着できなくなる場合もあるんですよ。

《PM2.5により花粉症が悪化することも》

福岡県はPM2.5の影響を受けやすいと言われています。

PM2.5で花粉症を発症することはないかもしれませんが、PM2.5の飛散が多い時は花粉症の症状が強くなってしまい、眼科に通う人も多いんですよ。

これらのことから、今花粉症でない人も早めにレーシックを受けておくのがおすすめなんですね。

《現在花粉症でもレーシックは可能》

今現在花粉症を発症している福岡市民もレーシック手術は受けられるのでご安心下さい。

花粉症の薬を飲んでいてもレーシックには支障がありませんので、服用しながら手術を受けることができますよ。

また、花粉の時期だからと春や秋を避けることもありません。

それよりもより早くレーシックを受けた方が、コンタクトによる花粉症の症状が強くなる心配もないでしょう。

《花粉症も無料で治療してくれるクリニックも!》

福岡でも人気ナンバー2の神戸神奈川アイクリニック福岡院では、レーシック手術を受けた後のアフターケアに花粉症の治療や診察代も1年間無料で受けることができるんですよ。

これなら、定期検診のついでに花粉症の治療も行え、別に眼科に通う必要が無くなり便利ですし、無料なのはうれしいですね。

このように、今花粉症でない・もう花粉症の福岡市民も早めにレーシックを受けておきましょう。

花粉症が原因でレーシックを受けられないことは少ないですが、花粉症により目をかきすぎて傷ついたことで手術が受けられないことになっては大変ですからね。

現在、花粉症の福岡市民の方は、適応検査時に服用している薬があればそれも説明できるようにお薬手帳を持参しておきましょうね。

このページのトップへ↑

九州新幹線で久留米市民も快適にレーシックに通えるように

福岡県の南部に位置する久留米市でレーシック手術を行っているクリニックを検索してみましたが残念ながらありませんでした。

久留米市民にも福岡県内で一番クリニック数が多い福岡市内で探すのがやっぱりおすすめになります。

ここでは、当サイトでも人気の高いクリニックへ通う場合を見てみましょう。

品川近視クリニック福岡院も神戸神奈川アイクリニック福岡・天神も最寄り駅は天神駅になります。

《九州新幹線開通により早い&より安全に通えるように》

電車で通う場合を見てみましょう。

(快速を利用して通う場合)

・久留米駅-博多駅(乗車時間34分・片道720円)

・博多駅-天神駅(乗車時間6分・片道200円)

合わせて乗車時間40分となります。

九州新幹線開通により早く通うこともできるようになりました。

(新幹線を利用して通う場合)

・久留米駅-博多駅(乗車時間18分・片道1,550円)

・博多駅-天神駅(乗車時間6分・片道200円)

で合計24分となり、快速電車と比べて16分も乗車時間を減らすことが可能になりました。

新幹線を利用するのは、ただ乗車時間を短縮する為だけではありません。

新幹線なら予め席を確保することができます。

レーシックの手術後は、痛みが出てしまったり、すぐには視力が回復しな場合もでてきます。

その際、電車で30分以上も立っておくのはつらいですよね。

また、混雑していたら、目をぶつけてしまう可能性だって出てきます。

九州新幹線開通により、久留米市民も便利に通えるだけでなくより安全に通えることができるようになりました。

《久留米から福岡市内まで通う際の注意点》

●時刻表はネットでチェックしよう

いくら新幹線を使っても乗り換えがうまく行かずにトータルでかかる時間が長くなってしまってはもったいないですよね。

新幹線と地下鉄の時刻表をチェックしてメモしておきましょう。

ネットを利用し、『久留米駅』・『天神駅』と入力するだけで簡単に検索することができますよ。

乗車時間だけでなく、乗り換え時間も合わせた所要時間まで分かるので便利に利用しましょう。

●通う回数も調べておこう

クリニックへは、適応検査・手術・翌日検診・数回の定期検診など通うのは1度だけではありません。

例えば、5回通うとして、ずっと新幹線を利用する場合、17,500円かかり、電車と比べると、8,300円も割高になってしまいます。

安く済ませたいのであれば、手術日の帰りだけ新幹線を利用するなど、うまく使い分けるようにしましょう。

これらに注意すれば、久留米からも快適で楽々レーシックを受けることができますよ。

このページのトップへ↑

北九州市民は福岡と大阪どっちでレーシックを受けるのがお得?

福岡県だけならず、九州で最北端に位置する北九州市の場合、福岡だけでなく、本州にも通いやすいそうですよね。

しかし、中国地方にもレーシックを受けられるクリニックは少なく、近くておすすめとなると大阪になってしまいます。

(北九州から大阪まで通う場合)

・小倉駅ー新大阪(乗車時間2時間12分・片道13,850円)

レーシック手術は日帰りで済みますが、翌日検診もありますし、定期検診も通わなければなりません。

5回クリニックへ通ったとすると、交通費だけで14万円近くになってしまいます。

その為、やはり北九州市民も福岡に通うのがオススメですよ。

当サイトのランキングを見ると、1位は品川近視クリニック福岡院、2位は神戸神奈川アイクリニック福岡・天神になっています。

どちらも大阪にもありますが、同じ手術費用・同じアフターサービス・そして同じ研修制度などにより、大阪でも福岡でも同じ手術を受けることができるんですよ。

(北九州市から福岡で人気のクリニックへ通う場合)

●最も安く済ませるなら高速バスのスーパー乗車券を利用しよう

最も安く済ませるなら西鉄高速バスを利用するといいでしょう。

・小倉駅前~天神(乗車時間1時間25分ぐらい・片道1,100円)

バスは5分~15分間隔で1日130往復以上出ており、予約も不要となっています。

往復乗車券なら2,000円となり200円安く、4枚つづりのスーパー乗車券なら片道875円になり、なんと20%近くも割引になるので是非利用しましょう。

品川近視クリニックや神戸神奈川アイクリニックへ通うなら、『天神郵便局前』で下車すれば徒歩5分圏内で済みますよ。

(バスを利用する際の注意点)

●早めに到着するように

バスの場合道路の混雑により乗車時間には違いが出ることもあります。

また、乗車が多く満席の場合は乗れないこともあるんですよ。

予約時間に遅れないように、早めに到着できる便を選んでおくようにしましょうね。

●往復・スーパー乗車券は事前に購入しておこう

バスの車内では安くなる乗車チケットの販売は行っていません。

事前にバスの営業所や発着所に購入しておくようにしましょう。

ちなみに新幹線を利用して天神駅まで通った場合、乗車時間22分、片道で2,250円となります。

バスと比べて、乗車時間は1/5程度で済みますが、乗車料金は2.5倍にもなってしまいます。

片道では1,375円の差ですが、往復だと2,750円、5回通えば13,750円もの差が出てくるので、北九州市民は安さと便利さどちらを取るかしっかり検討して通い方を考えましょうね。

このページのトップへ↑

お酒の美味しい八女市民もレーシック手術前後は控えよう

福岡県の南西部に位置する八女市と言えばお茶が有名ですが、実は福岡の中でも人気ベスト3にランクインするほど美味しいお酒を作っているんですよ。

九州最大の河川である筑後川と清流の矢部川の伏流水により、市内だけでも5つも蔵元があるんです。

《検査前と手術前は禁酒が◎》

美味しいお酒が飲める八女市ですが、レーシックを受ける前後はお酒を飲まないようにしましょう。

まず、お酒を飲むことで眼圧が上がったり、瞳孔が大きくなってしまうこともあるんですよ。

適応検査で測定した数値によりレーシック手術を行っていきますので、正しく測定されないと手術にも悪影響を及ぼしてしまうんです。

また、お酒を飲むことで体調が悪いまま検査を行った場合、通常とは違う数値で測定されることもあるかもしれません。

検査だからと軽く考えずにしっかり禁酒しましょうね。

手術前も検査と同様に禁酒しましょう。

手術中に、医師の指示に従えなかったりなど判断が鈍くなってしまっては困りますからね。

《手術後1週間はお酒を控えるのが◎》

レーシック手術後は入院などもなく緊張が放たれた勢いで、ついお酒を飲んでしまうかもしれませんがここは我慢がベストです。

まず、アルコールにより治癒力が下ってしまい、術後の経過が悪くなる恐れもあります。

また、飲み過ぎて、ぶつかったり、つい目をこすってしまったりなどの危険もあります。

いくら手術が成功しても、このようなことでフラップがずれて再手術なんてことにもなりかねません。

最低でも3日、できれば1週間はお酒を飲まない方が安心ですよ。

大事な飲みの席などある場合は避けて手術日を決めましょうね。

《八女市内ではレーシック不可・・・》

しかし、八女市内にはレーシック手術を行っているクリニックはありません。

おすすめは当サイトのランキング上位のクリニックなので、福岡市内まで通いましょう。

1位の品川近視クリニックも2位の神戸神奈川アイクリニックも最寄り駅が天神駅になります。

電車を利用するなら、羽犬塚駅から博多駅までは快速を利用し、博多駅から天神駅までを合わせると、片道1,110円で1時間前後で到着しますよ。

バス停が近ければ、久留米駅までバスを利用し、そこから電車で通うのもいいですね。

このページのトップへ↑

マリンスポーツ好きの福津市民はレーシックの手術日も検討を

福岡県の北西部に位置する福津市にはサーフィンポイントがあります。

福間海岸は、西日本の湘南と呼ばれるほど、サーフィンのみならず、ボードセーリングやジェットスキーなどマリンスポーツを楽しんでいる人が多いんですよ。

マリンスポーツをメガネをかけてやっている人はほとんどいないでしょう。

いい波が来ている時にコンタクトを落としてしまうとがっかりですよね。

マリンスポーツをしっかり楽しみたいならやっぱりレーシックがおすすめです。

プロサーファーなどにもレーシックを受けている人は多いんですよ。

《シーズンオフを狙って手術を受けよう》

レーシック手術自体は数十分で終わり、その日のうちに帰宅できます。

しかし、海に入れるようになるのは、術後1ヶ月経ってからになります。

激しい運動になるのはもちろん、海水はきれいな水とはいえませんからね。

海に入らない基礎体力づくりの場合も、レーシック手術1週間経つまでは行わないようにしましょうね。

夏に楽しむのであれば、春の間に手術を受けるといいですね。

サーフィンなら、北西の季節風が吹く11月から2月ぐらいの冬場がシーズンになることもあるので、秋や春などうまく狙ってレーシックを受けましょう。

《福津市から人気クリニックへの通い方》

福岡市と北九州市の中間にある福津市はどちらのベットタウンでもあります。

残念ながら福津市にはレーシックを扱う所がないので、福岡市か北九州市のクリニックへ通わなければなりません。

当サイトを見ても分かると思いますが、人気のクリニックは福岡市内が多くなります。

また通う場合も、北九州市より福岡市内の方が安くて近いんですよ。

福岡で人気の品川近視クリニックも神戸神奈川アイクリニックも天神駅近くにあります。

福間駅から博多駅までJR鹿児島本線快速を利用すれば22分、博多駅から天神駅まで6分となり、片道の運賃は650円で済みますよ。

シーズンオフのうちにレーシックを受け、よりマリンスポーツを楽しみましょうね。

このページのトップへ↑

テレビ局が多い豊前市民も大分より福岡でレーシックが◎

豊前市は、大分県に隣接し、天気がよければ山口県も見えるだけでなく、山口県や大分県のテレビ局まで受信できるんですよ。

また、ラジオは愛媛県や広島県の番組まで受信できるので、レーシック手術後、テレビを控えた方がいい場合も、ラジオを用意しておくといいですね。

そんな豊前市にはレーシックを受けられるクリニックは残念ながらありません。

では福岡県内で探すのと、隣接する大分県内で探すのではどちらがいいでしょうか。

福岡県では人気ランキング1位の品川近視クリニックを、大分県では別府市にあるみなと眼科クリニックへ通う場合を比べてみましょう。

《福岡と大分のクリニックへの行き方を比べてみよう》

(福岡・品川近視クリニックの場合)

宇島駅-天神駅(片道3,470円・1時間38分ぐらい)

(別府・みなと眼科クリニックの場合)

宇島駅-別府駅(片道2,230円・58分)+バス(片道160円・15分)

通う場合は別府市内の方が、片道1,080円安く、30分近く短い時間で済みます。

《診療時間を比べてみよう》

(福岡・品川近視クリニックの場合)

10時から20時・休診日:なし

(別府・みなと眼科クリニックの場合)

9時から18時30分(日曜は13時まで)・休診日:木曜日

《術式の価格を比べて見よう)

(福岡・品川近視クリニックの場合)

通常のレーシックは7万5千円から32万円の数種類・フェイキックは39万6千円から49万6千円

(別府・みなと眼科クリニックの場合)

通常のレーシックは30万円のみ・フェイキックは90万円

これらを見比べると、交通費では豊前市からなら別府市に通う方が安くはなりますが、手術費用などトータルすると福岡市に通った方が安く済む場合が多くなるでしょう。

また、値段以外にも、たくさんの体験談を事前に知ることができるのは別府より福岡のクリニックの方だということが検索すれば分かるでしょう。

これらのことから、豊前市民も福岡市内のクリニックでレーシックを受けている人の方が多いんですよ。

適応検査は無料で受けることができ、説明会も多数ありますので、福岡市内へのショッピングなどのついでに1度訪れてみるといいですね。

このページのトップへ↑

うきは市出身の樽美酒研二もレーシックを受けていた!

あのゴールデンボンバーのエアドラム担当の樽美酒(ダルビッシュ)研二さんは福岡県の南東部にあるうきは市出身なんですよ。

その樽美酒さんはなんと2013年の2月にレーシックを受けたんだそうです。

《芸能人の体験談は不安解消&参考に》

人気の高い樽美酒さんのオバマブログに、レーシック手術に向かう所や、手術直後、経過報告まで書かれていました。

手術直後の不安な気持ちはもちろん、0.1から1.5にまで視力が上がってウキウキの写真も見ることができますよ。

今まで、白塗りのメイクにより目がゴロゴロしたりなど不便だったのにそれもなくなり、ステージからもはっきりとお客さんの顔を見ることができて大満足だそうです。

みなさんは樽美酒さんのように白塗りすることはないかもしれませんが、コンタクトを装着中にメイクや目にゴミが入ったりなどで目がゴロゴロした経験は1度はあるはず。

レーシックを受ければ、今までのような痛みを味わうことはないはずですよ。

なにより、芸能人のレーシック体験談は、ネットなどで見る体験談より参考になりますよね。

ネットでの体験談は、手術前後の様子だけや、いつ受けたかも分からないようなものなど様々です。

それに比べて、芸能人の場合は、術後の様子もテレビなどを見れば知ることができますからね。

ゴールデンボンバーの最近の活躍を見れば、レーシックで失敗したなんてことはないのが分かりますよね。

《手術日は1泊宿泊するのがおすすめ》

しかし、残念ですがうきは市にはレーシックを受けられるクリニックは現時点ではありませんでした。

福岡でも人気の高いクリニックは福岡市内にあるので、頑張って通いましょう。

うきは市内から人気の高いクリニックが多い天神までの行き方を調べてみました。

●最も安い方法(片道1,450円・1時間46分・2回乗継あり)

うきは駅-久留米駅(JR久大本線)→久留米駅-博多駅(JR鹿児島本線快速)→博多駅-天神駅

●最も乗り換えが少ない方法(片道2,250円・1時間16分・1回乗継あり)

うきは駅-博多駅(JR特急ゆふ4号)→博多駅-天神駅

手術日の翌日も検診があります。

宿泊すれば帰りの心配なく、ゆっくりすぐに休むことができるでしょう。

ホテル代の負担はありますが、1回分の往復交通費は浮かすことができますよ。

このページのトップへ↑

広島市民も大阪より福岡でのレーシック手術がおすすめ

広島県に住んでいる人なら広島県内でレーシックを探した方がいいかと思うかもしれません。

広島市内にもレーシックを受けられるクリニックはあるんですが、やっぱり福岡市内で手術を受けるのがおすすめなんですよ。

《広島市内と福岡市内のクリニックを比べてみよう》

●知名度も低く体験談もない・・・

福岡で人気のクリニックと比べると広島市内にあるクリニックの知名度は低く、体験談もほとんどありませんでした。

●保障が短い・・・

広島市内のクリニックの場合、再手術は術後1年間のみの保障となっています。

福岡で人気の高い品川近視クリニックの場合は、最長なんと10年間もの保障があるのは安心ですね。

●手術費以外にも費用がかかる

品川近視クリニックは手術費以外には交通費のみとなります。

それに比べて広島市内のクリニックは、土日の手術になると31,500円、検査に各5,250円、術後の点眼薬に5,250円以上などかかります。

定期検診代も術後1年経過すると、1回3,150円と有料になってしまいます。

手術費用だけで見比べないようにしましょう。

これらのことから広島市民も、地元ではなく、福岡まで通ってレーシックを受けている人は多いんですよ。

《大阪よりも福岡の方が交通費も通う時間も抑える事が可能》

福岡の人気ランキングベスト3のクリニックは福岡だけでなく大阪にもあります。

広島から通う場合を見比べてみましょう。

(福岡に通う場合)

広島駅-博多駅(片道8,190円・1時間4分ぐらい)

(大阪へ通う場合)

広島駅-新大阪駅(片道10,150円・1時間20分ぐらい)

片道1,960円の違いですが、定期検診なども含めると5往復ぐらい通うことになり、福岡の方が2万円ほど安く済みますよ。

さらに、交通費を抑えるには、格安チケットを利用したり、高速バスなどを利用すると抑えることができるでしょう。

また、手術翌日も検診があるので、手術日は1泊福岡に泊まる方が安く済ませることができますよ。

このように広島にお住まいの方も、福岡でのレーシックを是非検討してみましょう。

このページのトップへ↑

糸島市である野外ライブもレーシックでさらに楽しめる

福岡県の最西部にある糸島市といえば、福岡を代表する野外ライブSUNSET LIVEを楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

9月頃に3日間開催され、開演は11時30分から終演は21時までとなっています。

ライブだけでも9時間半ありますが、隣接したキャンプ場で宿泊して夜遅くまで楽しむ人もいるでしょう。

そんな時、コンタクトだったら途中で目が疲れてしまったり、乾いて見えにくくなってしまうなんてこともあります。

また、ただ見えにくいだけではありません。

装着時間が長くなることでドライアイになったり、結膜炎など眼病を引き起こしてしまうこともあります。

使用しているコンタクトにより1日の使用時間は異なりますが、装着時間が長ければ長いほど目にはよくありませんからね。

せっかくの野外ライブをしっかり楽しみたいならレーシックを受けましょう。

《7月の終わりまでにはレーシックを受けるのが◎》

レーシックは入院しなくてもいいですし、手術後すぐに視力が回復しはっきり見える人も多いんですよ。

しかし、術後1週間は運動は控えなければなりませんし、汗などが目に入らないように気をつけなければなりません。

しっかり野外ライブを楽しみたいなら余裕をもって1ヶ月前までに手術を受けるようにすれば、野外ライブも裸眼で楽しめちゃいますよ。

野外ライブのスケジュールを把握した上で、手術日を決めましょう。

ただし、必ずしも希望日に手術できるとは限りません。

レーシックを受ける人は多く、特に土日祝日などは手術を受けたい人が多くなりますからね。

希望する手術日が決まっているようなら、適応検査の予約時に、手術が受けられるか確認しておくといいですよ。

《人気のクリニックへはバスで通うと節約できる》

糸島市内にはレーシックを受けられるクリニックはなく、福岡県の人気レーシックランキング上位のクリニックは福岡市内にあります。

電車の場合、筑前前原駅から天神駅までは片道560円かかり約33分かかります。

バスの場合、いと・しま号なら前原から天神日銀前までなら片道620円で約35分となります。

しかし、バス往復券を購入すると、片道450円と安く通うことができるんです。

バス車内でも往復券は購入可能なので、お近くのバス停から利用できますよ。

まずは、適応検査を受けてみないとレーシックを受けられるかどうかは分かりません。

福岡で人気のクリニックなら無料で適応検査が受けられますので、早速ネットから簡単に予約してみましょうね。

このページのトップへ↑

柳川市名物はレーシック前後の目にいいものばかりだった!

柳川市でレーシック手術ができる眼科やクリニックを探してみましたが残念ながら見つけることができませんでした。

しかし、柳川市にもレーシックを受けている人はたくさんいます。

調べてみると、柳川市民もやはり当サイトで人気の高い福岡市内のクリニックへ通っているんですよ。

レーシックは入院の必要なく手術を受けられますが、適応検査・手術・翌日検診・定期検診と最低でも5回は通わなければなりません。

人気のクリニックへ通う場合の交通費をしっかり知っておきましょう。

福岡で人気第1位の品川近視クリニック福岡院も神戸神奈川アイクリニック福岡院もどちらも天神にあります。

西鉄柳川駅から西鉄福岡駅までは片道830円になり、特急利用の場合は47分の乗車時間となります。

時刻表を調べて把握しておきましょうね。

《柳川名物は目にいいものばかり》

柳川市の名物と言えば、"柳川鍋"と"うなぎのせいろむし"ですよね。

実は、柳川鍋もうなぎのせいろむしも目にとっても良い栄養素がたっぷり取れるって知っていましたか?

まず、目に良い栄養素を挙げてみましょう。

・ビタミンA-目の新陳代謝を保つ

・ビタミンB群-目の疲れを回復してくれたり視力低下予防も

・DHA-網膜など目の重要な組織をつくる材料となる為、DHA不足になると視力が低下してしまうことも

・カルシウム-カルシウム不足により眼球を保護する強膜の機能が低下し、視力低下や眼精疲労の原因にも

うなぎにはビタミンA・ビタミンB群・DHA・カルシウムなどが豊富です。

また、どじょうにも、ビタミンA・ビタミンB群・カルシウムが豊富に含まれているんですよ。

レーシックを受けたら、もう視力が悪くなることはないということではありません。

しっかり目に良い栄養を取り、眼精疲労を予防したり、また視力を下げることがない様に気をつけなければなりません。

もちろん、これはレーシックを受けた後だけでなく今からでもすぐに見直してみるべきです。

どうせ手術するから・・・と無駄に視力を下げる必要はありませんし、視力が悪すぎて手術が受けられないなんてことにもなりかねませんからね。

目にいい柳川名物を美味しく食べて、レーシック手術に備えてくださいね。

このページのトップへ↑

人気のクリニックなら長崎市民も安くレーシックを受けられる

長崎県にもレーシックを受けられるクリニックはありました。

ところが手術費用なども表示されていませんし、実際に長崎でレーシックを受けた人の体験談を探すことはできませんでした。

しかし長崎市民にもたくさんレーシックを受けている人はいます。

福岡には全国でも人気の高いクリニックが揃っていますから、多くの長崎市民は福岡でレーシックを受けているんです。

通う手間はかかってしまいますが、その分満足できる結果を残すことができますよ。

《長崎から通うならこの2パターンから選択せよ》

長崎から福岡の人気のクリニックへ通うなら特急かバスを利用しましょう。

普通電車や車でも通うことができますが、どちらも時間とお金がかかってしまいがちなのでおすすめしません。

●特急かもめを利用する場合

通常の片道料金は4,580円と高くなりますが、2枚切符や4枚切符、九州ネット早特などを利用すれば片道2,500円で済ますことができます。

特急かもめは長崎駅から博多駅までとなります。

博多駅からさらに天神駅までは片道別途200円かかり、合わせて2時間15分ぐらいかかります。

●バス「九州号」を利用する場合

通常の片道料金は2,500円ですが、4枚綴りで8,000円で片道2,000円となっています。

バスは西鉄天神バスセンターで降りれば乗り継ぎなしで人気のクリニックまで行けますよ。

かかる時間は乗車時間により差が出ますが、2時間15分から2時間40分ぐらいかかる場合もあります。

《安いバスで通う場合の注意点》

バスの方が安く済みますが、気を着て欲しい注意点がいくつかあります。

●必ず予約をしよう

予約をしなくても空席があれば乗車可能ですが、満席の場合乗車できません。

必ず予約をするようにしましょう。

●到着時間に余裕を持とう

電車と比べてバスは道路の交雑状況により到着時間が大幅に遅れてしまうこともありえます。

適応検査・手術・定期検診全て予約制になっていますので、遅刻することで受けられないなんてこともあるので、早めに着くように気を着ましょう。

回数券を利用して、少しでも交通費を安くすれば手術にかかる費用を抑えることができますね。

また、品川近視クリニックも神戸神奈川クリニックも長崎から通う場合は、交通費の一部負担をしてくれるので、領収書とお住まいの住所が分かるものを持参して利用しましょう。

このように、ただ人気の高いクリニックを選ぶだけでなく、通い方も事前に知っておけば損することはないですよ。

このページのトップへ↑

宮崎市の眼科と当サイトの人気クリニックを比較してみよう

宮崎市にもレーシックできる眼科がありましたが、宮崎市民にも福岡で人気のクリニックでの手術がおすすめなんですよ。

福岡で1番人気の高い品川近視クリニックと宮崎の眼科を比べてみると分かります。

《手術の実績数が大きく違う》

品川近視クリニックの実績数は115万症例に対して、宮崎の眼科は888症例となっています。

もちろん、手術を受けている人数が違うので体験談の件数も違い、品川近視クリニックは3万件を超す体験談に比べて、宮崎の眼科は公式ホームページからは10件、その他ネットでは3件しか見つかりませんでした。

《術後の保障に差がある》

宮崎の眼科では残念ながら術後の保障について記載されていませんでした。

品川近視クリニックでは、最長10年という長期保障制度があり、万が一の再手術も無料で受けることができるのはとっても安心ですね。

《休日に手術を受けられないことも》

宮崎の眼科の手術日は金曜日のみだけでした。

一方、品川近視クリニックでは土曜・日曜・祝日も手術を受けることが可能なので、お休みを利用してレーシックを受けられますよ。

このように、同じレーシックを受けるにしてもクリニックにより大きく違いがあります。

その為、交通費はかかるものの宮崎市からも福岡まで通っている人はかなり多いんですよ。

それでは、宮崎市から福岡の人気クリニックへの通い方を見てみましょう。

《安いのは高速バス》

宮崎市から福岡までの交通費を安く済ますならバスで通いましょう。

バス「フェニックス号」は、宮交シティから人気クリニックに近い西鉄天神バスセンターまでは片道4時間7分かかります。

通常片道4,500円ですが、往復割引なら4,000円となり、さらに4回分の回数券などなら3,500円となります。

また、ネットを利用すれば、限定ですが最安値だと片道2,500円になることもあるので、"ハイウェイバスドットコム"をしっかりチェックしましょう。

《飛行機は早い&宿泊セットなら格安で済ますことも》

飛行機を利用すれば2時間ぐらいとバスの半分ぐらいの時間でクリニックまで通うことができますが、航空券は定価では片道19,700円もするのでちょっと高いですよね。

しかし、レーシック手術の翌日も必ず検診を受けないといけないので、宮崎市から通うのであれば手術日は1泊するのがおすすめです。

航空券と宿泊がセットになったパックだと格安のものがたくさんあるのでチェックしてみましょう。

しっかり調べて、少しでもレーシックにかかる費用を抑えましょうね。

このページのトップへ↑

レーシックがない長崎県民も福岡の人気クリニックを選択

長崎市内でレーシックを行っている眼科やクリニックを探してみましたが、現時点では見つけることができませんでした。

しかし、長崎市内にお住まいの人にもレーシックを受けている人はたくさんいます。

実は、福岡まで通って手術を受けているという人が多いんですよ。

福岡には九州で一番多くのクリニックが集まっていますからね。

長崎県内には佐世保市には1件レーシックを受けられる眼科があったので、福岡で一番人気の高い品川近視クリニックへ通う場合と比較してみましょう。

●通う場合を比較してみよう

(佐世保)長崎駅前-佐世保駅前(高速バス利用片道1,450円・1時間25分ぐらい)

(福岡)長崎駅前-西鉄天神BC(高速バス利用片道2,500円・2時間14分ぐらい)

通う時間もお金も福岡の方が高くついてしまいますが、品川近視クリニックでは長崎から通った場合、最大1万円までの交通費補助制度を利用することが可能です。

手術当日のみが対象となりますが、それでも負担は軽くなりますよね。

また、福岡への高速バスは4枚綴りの回数券もあり、それなら片道2,000円となるので是非利用しましょう。

●通いやすさを比較してみよう

佐世保の眼科では月曜・水曜・金曜の午後のみレーシック手術が可能となっています。

適応検査や検診も、平日は18時まで、土曜は午前中のみで、日曜祝日は休診日となっています。

これでは、休日を使ってレーシックを受けるのは難しくなってしまいますね。

品川近視クリニックなら年中無休で10時から20時まで受付してくれます。

土日や連休を利用して、休みの間にレーシックを受けやすいんですよ。

また、品川近視クリニックは適応検査も定期健診もすべて予約制になっていますが、佐世保の眼科は予約制ではないので待ち時間が増えてしまうこともあります。

●体験談やサポート面も比較してみよう

佐世保の眼科のホームページだけでは、レーシック手術の費用だけでなく、定期検診の回数や保障すらの記載もありませんでした。

また、実際に、レーシックを受けた人の体験談や口コミなどを検索してもネット上では見つけることができませんでした。

それに比べて品川近視クリニックでは、手術費用はもちろん、定期検診や保障についてもホームページをみれば詳しく知ることができます。

また、実際に品川近視クリニックでレーシックを受けた人も多いので体験談や口コミ情報もたくさん知ることができます。

通う点においては若干の負担が出てしまうかもしれませんが、これらのことから長崎市民は福岡の人気クリニックを選んでレーシックを受けているんですね。

このページのトップへ↑

福岡市内でも中央区に人気レーシッククリニックが多い理由

福岡県で人気レーシックランキングの上位のクリニックの住所を詳しく見てみると、全て福岡市中央区天神に位置することが分かりました。

なぜ同じ所に集中してしまったのでしょうか?

レーシックを受けるクリニックを選ぶ際は一番は実力の高さが重要です。

しかし、さらに通いやすい方が便利ですよね。

クリニックへは、適応検査・手術・定期検診と数回通う必要があります。

誰にも通いやすくて便利な所ということで、中央区の天神駅周辺に集中してしまったんですね。

駅に近くて通いやすいだけでなく、周りにはたくさんのお店もあります。

これなら定期検診だけに通うのは面倒でも、ショッピングやおでかけのついでにクリニックへも通いやすくなるんですね。

《より早く通いやすい方法を知っておこう》

人気のクリニックは天神駅から近い位置にありますが、より詳しく知っておいて損はありません。

(品川近視クリニック福岡院の詳しいアクセス方法)

・福岡市営地下鉄空港線の天神駅なら1番出口より徒歩1分

・西鉄天神大牟田線の西鉄福岡(天神)駅の天神新天町方面改札より徒歩4分

品川近視クリニック福岡院は、大名の西通りの北側にありますので、新天町のアーケードを西鉄グランドホテルに向かって抜けましょう。

1Fに三井住友銀行があるビルなので目印にすると分かりやすいですよ。

・西鉄バスなら天神協和ビル前より徒歩1分

他にも西鉄グランドホテル前・天神新天町入口も近いバス停になっています。

(神戸神奈川アイクリニック福岡院の詳しいアクセス方法)

・福岡市営地下鉄空港線の天神駅なら3番出口より徒歩1分

すぐにローソンがありますが、そのビルの10Fになっています。

・西鉄天神大牟田線の西鉄福岡(天神)駅の北口より徒歩4分

北口から渡辺通りへ出て明治通りと交差している所を左折するとローソンが見えてきますよ。

・西鉄バスなら天神協和ビル前より徒歩1分

バスを降りた目の前に黒木書店があり、その左隣のビルになります。

これらを知っておけば、通い方に合わせてより便利でスムーズに通えますよ。

このページのトップへ↑

福岡でレーシックを受けたい宮崎市民は飛行機よりバスで通おう

宮崎市内にもレーシックを受けられる眼科はありますが、福岡で人気の高いクリニックを選んでいる人は多いんですよ。

宮崎から福岡の人気クリニックへの通い方を調べてみましたので是非参考にして下さい。

《最も早いのは飛行機だが・・・》

宮崎から福岡まで最も早いのは飛行機を利用する方法です。

宮崎空港から福岡空港までは45分ぐらいとなります。

福岡空港から人気クリニックが集まっている天神までは地下鉄で11分ぐらいと近くて便利です。

しかし、その分運賃は高く、正規料金だと片道だけで2万円近くかかってしまいます。

そこでおすすめなのが高速バスです。

宮崎から福岡まではフェニックス号という高速バスが出てきます。

15~60分間隔で、1日28往復もしているんですよ。

片道は通常料金は4,500円で4時間の乗車となります。

しかし、回数券、WEB早割5、席割、超(スーパー)席割などたくさんあるお得な乗車券を利用すれば、1,680円~3,500円と最大63%も割引になるんですよ。

手術日や定期検診日が決まったらすぐに予約しておけば、交通費を抑えることができますね。

バス内はテレビ・ラジオ・トイレ・毛布もあるので、乗車中も快適に過ごせますよ。

時間がない時は飛行機、安く済ませたいならバスと、通う時に合わせてうまく乗りこなしてもいいですね。

《手術日は1泊しよう》

レーシック手術は日帰りなので、その日のうちに宮崎のご自宅へ帰れます。

しかし、翌日も検診を受けなければなりません。

交通費や往復の時間を考えると福岡で1泊した方がお得ですし、ゆっくり休めて安心ですよ。

特に、術後すぐに飛行機に乗るのは避けたい所です。

乾燥しやすいですし、圧迫されてしまうこともありますからね。

品川近視クリニック福岡院なら提携ホテルがあるので、安く宿泊することも可能です。

しかもクリニックから信号を1つ渡るだけととっても近いので、術後の痛みが強い場合も見えにくい場合も安心ですよ。

もちろん、宮崎からなら交通費補助制度を受けることができるので、必ず領収書をもらっておくことも忘れないようにしましょうね。

このページのトップへ↑

太宰府市から人気レーシッククリニックを受診する際の通い方

福岡県でも中央に位置する太宰府市ですが、レーシックを受けられる眼科やクリニックはありませんでした。

太宰府市民も福岡でも一番多く人気のクリニックが集まる福岡市内まで通うのがおすすめです。

《車で通う場合の注意点を知っておこう》

太宰府市からなら車で通った方がいいという人もいるでしょう。

まずは、人気クリニックへ通う場合、どれぐらいかかるか調べてみました。

●車の場合

太宰府-天神北(片道20分・1,050円)

ETCを利用すれば片道平日なら900円、休日時別割引だと850円となっています。

もちろん、普通道路を利用すれば、安く済ますことができますが、時間がかかってしまいますので状況に合わせて選びましょう。

しかし、車でクリニックへ通うのは、手術1週間後の定期検診以降からがおすすめです。

まず、適応検査では瞳孔を開く薬を使用する為に、帰りの運転はとても危険です。

手術後も、必ず視力が上がるとは限りませんし、痛みやしみて目が開かないなんてこともあります。

そして、翌日検診時にはっきり見えたとしても、安全第一を考え、車では通院しないようにしましょう。

適応検査日・手術日・翌日検査日は、誰か付き添いがおり、運転してもらえる場合にのみだけ車は利用しましょうね。

また、1週間後以降の定期検診の際も、駐車場を完備しているクリニックはほとんどありませんので、駐車場は実費で負担になることを忘れないで下さいね。

特に人気の高いクリニックは駅に近いと便利な位置にある分、駐車場が混雑しがちや、道路も狭い所が多いので気をつけましょうね。

その他、太宰府市から福岡で人気のクリニックへの通い方もチェックしておきましょう。

●電車の場合

太宰府駅-西鉄福岡駅(片道45分・360円)

乗り換えなしで行くことができますが、より早く着きたい場合は、大橋駅や二日市駅で特急に乗り換えると早くなりますので、時刻表をチェックしてうまく利用しましょう。

●タクシーの場合

手術後、痛みが出て電車は辛いという場合もあるかもしれません。

タクシーを利用する場合、太宰府市内まで4,000円ぐらいかかることも知っておくといいですね。

通う時に合わせて、電車・車・タクシーと選んで利用して下さいね。

このページのトップへ↑

福岡なら学生割引でお得にレーシック手術可能

今、福岡で人気ナンバー1の品川近視クリニック福岡院では学割プランでレーシックをお得に受けることができるチャンスなんですよ。

品川近視クリニックは福岡以外に東京、名古屋、梅田、札幌とありますが、学割プランは福岡院限定となっています。

《手術費用が30%割引に》

対象となる術式はアマリス500Zレーシックのみとなります。

しかし、通常の価格と比べると約30%も割引と学生にはうれしいですね。

さらに1日レーシックを選べば、さらに1万円安くなるんですよ。

《対象するかをチェックしよう》

対象者は在学中の上、年齢が25歳以下の学生になります。

ただし卒業後1ヶ月以内であれば対象となっていますよ。

学生証など証明証が必要となります。

《学生でもローンが可能》

いくら通常より安いとはいえ、一度に支払うとなると無理という学生もいるでしょう。

しかし、クレジットカードをお持ちなら分割払いを利用することも可能です。

品川近視クリニックで分割払いを利用できるのは、オリコカード・ジャックス・セディナとなります。

リボ払いの場合は、オリコカードとセディナのみとなります。

また、学生でもローンを利用することができるんですよ。

20歳以上なら連帯保証人も不要でローンを組むことも可能です。

ただし、ローンの場合は、事前に手続きを済ます為、適応検査時に手続きを行います。

印鑑や銀行口座など別途必要な物も出てくるので、予約時に確認するようにしましょう。

《未成年の場合は保護者の同意書が必要に》

品川近視クリニックでは、18歳以上の方を対象にレーシックを行っています。

18歳・19歳で学割プランにてレーシックを受ける場合は、保護者の同意書が必要となります。

《今すぐ申し込むのがおすすめ》

学割プランは期間や人数など限定されていませんが、いつまであるかは分かりません。

同じレーシックを受けるのであれば、より安い時に受けた方がお得ですよね。

人気ナンバー1クリニックなので、利用者も多く希望通りに適応検査が受けられるかどうかも分かりません。

早速、適応検査を受ける予約をするのがおすすめですよ。

このページのトップへ↑

人気クリニックのホームページをチェックがおすすめ

満足&損せずレーシックを受けようと思っているなら、福岡で人気のクリニックの公式ホームページをまずはチェックするのがおすすめです。

《公式ホームページをチェックするのがおすすめの理由とは》

●レーシックに詳しくなればクリニック選びの失敗も防げる

予約すればすぐに適応検査を受けることもできます。

しかし、レーシックについて何も知らないままでは、医師に言われるがままですよ。

レーシックは必ず必要な手術ではありません。

裸眼で見えるようになるのは、誰にとってもメリットなことではありますが、手術する以上リスクはゼロではありません。

その為、しっかりレーシックについての予備知識があった上で適応検査を受けた方がいいんですよ。

また、レーシックについて詳しければ、そのクリニックや医師にまかせて安心かどうかもしっかり判断することができますね。

福岡で人気ランキング上位3つのクリニックの公式ホームページを見ていくと、レーシックについてより詳しく知ることができますよ。

●お得な割引情報も見逃さない

公式ホームページの中には手術費用が割引になる情報がいろいろあるんですよ。

割引も実に様々な種類があり、中には併用できるものもあるのですが、見逃すと損してしまうことも。

後から見つけても遅い場合もあるので、しっかり隅々までチェックしてお得に手術を受けましょう。

●体験談も豊富で安心

福岡で人気のクリニックの公式ホームページを見てみると、体験談がたくさん掲載されています。

レーシックは誰もが初めて受ける手術で不安もいっぱいですよね。

しかし、より多くの体験談を一度にチェックできるので、適応検査から不安なく受けやすくなりますよ。

当サイトでも、人気クリニックについて分かりやすくまとめていますので、是非参考にしてください。

同じレーシックを受けるにしても、それぞれのクリニックにより様々異なる点があるのを知ることができるでしょう。

公式ホームページのリンクボタンもあるのでクリックし、それぞれの人気クリニックのホームページをチェックしてみましょう。

比較することでより満足できるクリニックを探し出せるはずですよ。

このページのトップへ↑

結婚&婚活前にレーシックがおすすめ

レーシックを受けるなら結婚や婚活前がおすすめなんです。

《結婚前におすすめの理由》

●妊娠や子育てでなかなか思うように手術が受けられないこともあるから

妊娠中はレーシックを受けることができません。

また、レーシックは日帰りで手術が受けられるとは言え、定期検診もあり、予約をし予定通りに通わなければなりません。

そうなると、結婚してからよりも結婚する前の方がレーシックは受けやすいと言えるでしょう。

●男性も自由にお金を使える結婚前の方がおすすめ

男性には関係ないと思うかもしれませんが、いくらコンタクトを使い続けるより安いとは言え、最初に負担がかかってしまうレーシックを奥さんが快く許してくれるとは限りません。

自由にお金を使えるうちにレーシックを受けておくのがおすすめなんです。

結婚後に『レーシックを受けておけばよかった』と後悔するような出来事を挙げてみましょう。

『ハイハイ中の赤ちゃんがいる時、コンタクトを落としてしまった!』

『子供がメガネに興味があり、壊されてしまった』

『昼寝や夜寝かしつける際、ついうっかり一緒に寝てしまった』

『プールや海にいっても子供とはしゃげない』

このようなことも、結婚前にレーシックを受けておけば不安はありません。

《婚活前におすすめの理由》

●見た目アップも期待できる

コンタクトが合わなくてメガネにしている人もいるでしょう。

メガネ萌えなんてありますが、全ての方がメガネが似合うわけではありませんからね。

他にも女性の場合は裸眼ならアイメイクやカラコンなど、何も制限なく選ぶことが可能となります。

もちろん、レーシック後もファッションメガネを自由に取り入れることはできるので、より幅が広がります。

●出会いが増えることも

また、わざわざ婚活しなくてもレーシックを受けることで出会いの場が広がることもあります。

レーシックにしたことで趣味が増えたり、マリンスポーツなどにチャレンジしたりなどという人は多いんですよ。

趣味や行動範囲が広がり、出会いが増えることも期待できるでしょう。

現在、結婚前や婚活中という方は、早くレーシックを受けておけば後悔することはありません。

ぜひ1度福岡で人気の高いクリニックで適応検査だけでも受けてみましょう。

このページのトップへ↑

人気クリニックのレーシック手術にデメリットはある?

レーシックだけでなく、どんな手術であっても評判の高いクリニックや医師を選びたいというのは誰もが思うところでしょう。

経験豊富な医師なら安心して手術を任せられますよね。

そこで人気クリニックでのレーシック手術にデメリットがないかを調べてみました。

《人気クリニックのデメリットはすぐに手術ができないこともあること》

人気クリニックでレーシックを受ける際のデメリットはただ1つと言えるでしょう。

それは、ズバリすぐに手術ができない可能性がある点です。

人気クリニックで施術してもらいたいという人が多く、すぐに手術してもらいたくてもなかなか予約ができないこともあるんです。

特に、連休前などに手術を受けたいという人は多くなってしまいがちでなかなか予約できないという場合も出てきます。

《手術日を空いている日と焦ってはダメ!》

しかし、早く手術がしたいからと無理して空いている日に手術するのはやめましょう。

レーシックは日帰りで手術できるので、『1日会社を休めば・・・』と思うかもしれません。

ところが、翌日検診、定期検診などで通院もあるので、しっかり考えないといけません。

例えば、福岡で人気の高い品川近視クリニックでレーシックを受ける場合、定期検診は手術翌日、1週間後、3ヶ月後となっています。

土日が休みの人の場合、無理して平日に手術することで定期検診も平日になってしまうことがあるんです。

特に、翌日検診は変更することができませんので、しっかりスケジュールを考え、焦らないことが重要ですね。

《早めに予約しておこう》

通いやすくする為にも早めにスケジュールを立てて、予約をしていきましょう。

クリニックによっては、事前に空いている手術日を聞くこともできます。

忙しい人は、適応検査と合わせて手術予定日も予約しておけば、スムーズですね。

特に適応検査で調べたデータは実際に手術でも使用する為、有効期限が決まっているクリニックがほとんどです。

品川近視クリニックや神戸神奈川アイクリニックでは適応検査後3ヶ月以上過ぎてしまうと再検査となってしまいます。

手術日も考えて適応検査日も決めておくと安心ですね。

このページのトップへ↑

パイロット希望でもレーシックが受けられるように

いままではレーシックを受けているとパイロットになることはできませんでした。

その為、裸眼視力が悪い場合は諦めるしかありませんでした。

《レーシックを受けてもパイロットに!》

しかし、2014年に航空身体検査マニュアルが改正されました。

これにより、レーシック手術を受けた人でもパイロットになれるようになったんです。

アメリカでは前々からパイロットでもレーシックを受けることができましたが、ようやく日本でも改正され認可されました。

いままで、パイロットは唯一レーシックすることでなれない職業でした。

ところが、改正されたことにより、もうレーシックを受けてもなれない職業はなくなりました。

つまり、もうレーシックを受けて後悔する理由はなくなったんです。

品川近視クリニックでは通常18歳以上でないとレーシックは受けることができません。

ただし、職業選択上の理由による裸眼視力が必要という場合は。保護者の同意のもとによりレーシックを受けることは可能です。

無料の説明会を利用するなどして事前にしっかり相談してみましょう。

品川近視クリニック福岡院の院長に直接メールで相談することもできますよ。

《最新のレーシックを選ぶのが安心!》

より安心してレーシックを受けるのであれば、最新の術式を選ぶのがおすすめです。

最新のレーシックになると、新たに機器を導入することなどから手術費用が高くなってしまいがちです。

しかし、最新の方が照射時間が短く済んだり、精度も向上しているなどレーシックの機器も進化しており、より安心して手術を受けることができます。

さらに安全度が向上した分、保障期間も長くなる所もあるんですよ。

今後のこともしっかり考え、より最新のレーシック手術を選びましょう。

もちろん、まずは適応検査を受けてみなければ、どの術式がぴったり合うかは分かりません。

福岡で人気の高いクリニックなら無料で適応検査を受けることが可能です。

相談がてら、まずはレーシックが受けられるかどうか調べてもらいましょう。

このページのトップへ↑

レーシックを受けた20年、30年後も大丈夫?

『レーシックって新しい手術なのでは?』や『20年、30年先も大丈夫なの?』と心配している人もいるでしょう。

レーシック手術が始められる様になってから20年ほどが経ちました。

その為、正直30年先はまだ誰にもはっきり知ることはできません。

《角膜矯正手術は30年以上の歴史がある》

しかし、レーシックの前身である角膜矯正手術自体はアメリカではコンタクトレンズが使用された1960年代から行われているんです。

つまり、角膜矯正手術自体は40年以上の歴史あるものになります。

手術をする上でも、安全性に問題ないだろうという見解があることから、手術は続けられています。

さらにどんどんと、研究を重ね、機器も進化し精度はもちろん安全性も高くなっています。

20年先、30年先まで結果を待てば、もっと進化したりと思うかもしれません。

しかし、そこまで待ったのに、適応検査で手術が受けられないとなってしまうこともあるかもしれません。

年齢や病気になってしまったりなどでレーシックできないとなってしまってはがっかりですよね。

待てば待つ分、裸眼で快適な生活が遠く離れてしまいます。

なにより、利用している人の数をみれば一目瞭然です。

福岡で人気ナンバー1の品川近視クリニックだけで、なんとレーシック累積症例数が115万件突破しているので、早く受けて快適な裸眼生活がおすすめです。

《リスクについて把握して適応検査を受けてみよう》

しかし、どんな小さな手術であってもリスクはゼロではありません。

数針縫うような手術でも、感染してしまったり、麻酔を間違えてしまったなどもあるように、手術を受けるレーシックもリスクはあります。

まずは、各クリニックのホームページをしっかりチェックし把握しておくのがおすすめです。

その上で、気になる点を医師に聞いて解消すれば、手術前の不安も減りますよ。

レーシックといっても様々な術式があり、リスクなども変わってきます。

検査することでどの術式が自分に合っているかも分かりますし、よりレーシックについてしっかり検討できるはずですよ。

人気クリニックなら適応検査は無料ですし、その場ですぐに手術するかを決めなくてもいいので是非利用してみましょう。

このページのトップへ↑

福岡でスカウトされたい人は絶対レーシック!

福岡出身の芸能人が多いことからわかるように、福岡にもたくさんのスカウトマンがいて、日々目を光らせています。

そんなスカウトマンにスカウトされて芸能人デビューしたいと考えている人は、まずレーシックを受けておきましょう。

≪眼鏡が似合う芸能人もいるけど・・・≫

確かに眼鏡が似合う芸能人はいますが、男優や女優を見ても役柄ではめたり外したりしていますよね。

多くの芸能人が今やレーシックをして裸眼の視力矯正をしています。

眼鏡は度が入っていないものをファッションアイテムとして付けていることが多いですね。

実際、眼鏡が無いと困る場合、芸人であれば何かのハプニングで眼鏡が壊れてしまうと使い物にならなかったりしては問題がありますよね。

役者の場合、役柄によっては裸眼が強制されることも。

逆に裸眼の視力が良ければ、眼鏡をかけるかどうかはファッションの問題なので、好きにかけたり外したりできます。

芸能人にはこのようなフレキシブルな対応がいつでも求められますから、「これはダメ」というのが多い人は向いていません。

福岡から芸能人デビューを考えている人は、やはりレーシックをして視力を回復しておくのがベストですね。

≪眼鏡は目の大きさがわからず本来の顔ではなくなる≫

次に、度の入った眼鏡をしていると、近眼の場合は目が本来よりも小さく見えますし、遠視の場合は目が本来よりも大きく見えます。

すると、いざスカウトマンがスカウトしようと思っても、本来の顔がわからず、バランスもおかしくなってしまうので、本当に可愛い女の子なのか、本当にかっこいい男の子なのかわからなくなってしまうのです。

また、最近は度入りのカラーコンタクトをしている人も増えましたが、カラーコンタクトも目の表情を変えてしまい、不自然さが生まれるのでスカウトマンから無視されることも少なくありません。

本来の顔で勝負する為にも、やはり目は裸眼でいるのが一番なのです。

≪コンタクトだと目を痛め、カメラライトなどに耐えられない恐れも≫

最後に、裸眼がいいならコンタクトでいいのでは?と思われるかもしれませんが、スカウトマンはそこも見ています。

芸能人になると、目に負担をかける機会が増えます。

例えば俳優の場合は10時間以上撮影に要することも。

その間ずっとコンタクトを付けておくと、目が充血してしまったり、目がかゆくなったり、トラブルを招いてしまう恐れがあります。

そのようになっても、回復するからいいと思うかもしれませんが、撮影は待ってくれませんから充血したままテレビ出演しなければなりません。

コンタクトは目に負担をかけますから、やはり長時間着用には向いていません。

カメラライトによる乾燥の影響も強く受けやすいので、やはり芸能人になりたい場合はこれらのことを考え、レーシックをしておくのがオススメです。

このページのトップへ↑

アイドルになりたい人はまずレーシックで第一歩!

最近は数多くのアイドルが出てきてアイドル戦国時代ともよばれますね。

そんな昨今では、将来の夢が「アイドル」という女性もいるようです。

将来アイドルになりたいと考えている女性や、アイドルを夢見る女性は、まずレーシックを受けて夢への第一歩を踏み出しましょう。

≪女性芸能人の眼鏡の割合はやはり低い≫

テレビを見ているとわかりますが、確かに眼鏡を売りにしている女性芸能人もいるものの、眼鏡の割合はやはり低いのが現実です。

眼鏡をかけている可愛い女性芸能人も、素顔が可愛いのが前提で、眼鏡が個性のようなものです。

眼鏡を個性にしてしまうと、顔の雰囲気が変わってしまう場合、それは個性ではなく、芸能デビューを阻害するものでしかありません。

アイドルは可愛さと個性がなければ売れませんよね。

見ていて魅力的な人というのは、顔が可愛いのはもちろんですが、目元が愛らしく表情が豊かでなければなりません。

眼鏡が邪魔をして目元の表情がよくわからない人は、やはりテレビ向きではないのです。

そのことから、やはり芸能界を見ても眼鏡をしている女性芸能人やアイドルは少な目なのですね。

≪アイドルで眼鏡を売りにしている女性は少ない≫

さらに、芸能人だけでなくアイドルに絞り込むと、より眼鏡率が下がります。

やはり裸眼で目元を愛らしく見せるのが、一番アイドルらしいですし、表情も読み取りやすくファンを獲得しやすいのでしょう。

稀に眼鏡をウリにしたアイドルもいますが、自分がそれに匹敵するほど眼鏡が似合っていると自信があるでしょうか?

自信があればいいですが、眼鏡をコンプレックスに感じている場合は、眼鏡を外して裸眼でアイドルになろうと考える方が良いでしょう。

≪激しい踊りやテレビ出演中にコンタクトを落としたらしゃれにならない≫

裸眼でなくてもコンタクトでいいのでは?と思っている人もいますが、アイドルにコンタクトはあまりよくありません。

コンサート中に激しいダンスの中、コンタクトが落ちたらしゃれになりません。

コンタクトを一生懸命探すわけにも行きませんし、ステージを降りるときや移動中に転んだり、怪我をしてはいけませんね。

また、テレビ出演中や撮影中にコンタクトがなくなったくらいでは、撮影は止められません。

その時々に責任を持ってする仕事だからこそ、コンタクトよりはやはりレーシックを受けておくのが一番なのですね。

アイドルになるためには、これ以外にもダンスをならったり、ダイエットをして体形を整えたり、髪のケア、メイクのレッスンなどさまざまなことを学び、習得しなければなりません。

その中の1つとしてまずレーシックをしておきましょう。

このページのトップへ↑

安いレーシックと高いレーシックの比較ポイントは何?

一言にレーシック治療と言っても、安いレーシックと高いレーシックがありますよね。

その値段の違いは何かわからず、迷っている人も多いことでしょう。

そこで今回はそれぞれをどこに着目して選ぶべきかについて、詳しく解説しましょう。

≪注目ポイント1:最新機器かどうか≫

まず安いレーシックと金額が高いレーシックとは、使用する機械が異なります。

例えば、大きく分けてレーシックの方法にはマイクロケラストームという従来の方法と、イントラレーシックという方法があります。

もちろん、新しいレーシック方法であるイントラレーシックのほうが金額は高くなりますが、その分より正確な視力矯正が可能になっています。

さらに、同じイントラレーシックでも、最新の機械を使ったものは倍くらいの値段が必要な場合もあります。

最新機器では、これまでレーシックで問題となってきた、見え方の問題が改善されています。

さらに、最高峰の機種によっては、手術後の炎症を軽減してくれて、回復も早く、裸眼ライフをもっと早く楽しめるものもあります。

レーシック手術も日進月歩で進化しているので、もし予算があるようであればやはり最新のレーシック機器で手術を受けたいものですね。

≪注目ポイント2:保証期間や保証内容≫

その上、最新のレーシック機器の場合は、再手術などの必要性もさらに下がるので、同じ保証内容でも保証期間が長いことが多いです。

眼科によっては保証期間が無制限のところもあるようですね。

一方で、有名な人気眼科と地方の小さな眼科とでは、保証内容や保証期間に大きな差があります。

人気ランキングにも登場する、全国的にもたくさん展開しているレーシック眼科は、保証期間や保証内容が手厚く長い傾向があります。

一方で地方の小さな眼科では、手術件数が少ない為にあまり手厚い保証内容でない場合が多いです。

例えば再手術にはお金がかかるところがあったり、保証期間がたった1年、2年というところも少なくないのです。

その上、レーシック手術後の診察料金や薬代などの部分においても、地方の小さな眼科のほうが比較的高くつくことが多いです。

同じ手術を受けていても、保証期間や保証内容が異なる場合があるので、眼科ごとの特徴をおさえて比較しましょう。

≪注目ポイント3:クリニックの効率≫

人気の大手眼科は効率を上げてたくさんの手術を行っているので、より安価に最高峰の手術が受けられます。

手術件数も多く、効率の良い眼科で受けるのが割安というわけですね。

これらの注目ポイントに注目して、単純に安いかどうかではなく、本当に効果の割に割安でお得なところを見つけましょうね。

このページのトップへ↑

レーシックに適切な季節ってあるの?

レーシックを受けるのに適切な季節は特にありません。

ただ、オススメとしては、「やろう!」と決めたらすぐに眼科を選んで予約することです。

その理由は大きく分けて2点あります。

≪理由1:レーシックへのモチベーションが下がってしまう≫

レーシックへのモチベーションが下がってしまう前に行うほうが良いので、レーシックは思いついたらすぐに予約がオススメです。

裸眼で過ごせるのはうれしいし、レーシックを周りもやっているからやりたい!と思っていても、普段通り眼鏡やコンタクトで生活していると、現状に満足してしまう場合があります。

眼鏡が似合わないから嫌と思っていても、「コンタクトがあるからいいか」と思ってくることもあるでしょう。

また、コンタクトの場合は、毎朝つけるのが面倒と思っていたり、コンタクトレンズの洗浄が面倒と感じている人もいます。

面倒だからレーシックを受けようと思っていたけれど、モチベーションが下がると「それでもいいか」と現状に妥協してしまう場合があります。

モチベーションが上がったり下がったりしていたら、いつの間にか何年も経ってしまったという人もいますね。

ですから、レーシックの適切な時期を待つよりも先に、思いついたらすぐに予約がオススメなのですね。

≪理由2:人気眼科は1ヶ月以上先まで予約でいっぱい!≫

すぐ予約と言っても人気のレーシック眼科は予約が1ヶ月以上先まで埋まっている場合も多く、思いついてすぐに予約するくらいがちょうどいいのです。

人気の眼科は、施術件数も多く、その分価格を下げています。その為、さらに多くの予約が入り、より良い手術を安価に受けたい人が殺到します。

特に学生の休みのシーズンや、社会人の長期休みが重なると、眼科もフル稼働して忙しいようですね。

かといって手は抜けませんから、「○曜日は手術のみの日」や「○曜日は診察のみ」などと限定して、無理せず質の高いレーシックを提供するように工夫しているようです。

その為、人気の眼科ほど手術予定が埋まっており、すぐにという話にはなりません。

ですからなるべく早めに予約して、レーシックするのがオススメです。

これらの理由からレーシックを受けると決めたら、すぐに予約まで取ってしまうのがオススメです。

ずるずる時が経ってしまうと、せっかくレーシックを受けてもメリットを受けられる時期が短くなってしまいます。

すぐに予約して、モチベーションが高いうちに受けるのがオススメですよ。

このページのトップへ↑

1dayレーシックがどうして人気なの?

今人気の1dayレーシック、特に九州・中国地方の拠点となっている福岡地区の眼科では1dayレーシックが流行っているようですね。

その理由は大きく分けて3点あります。

≪理由1:2日間の休みで受けられる≫

1dayレーシックはたった2日の休みで受けられるので、福岡では人気のようですね。

特に忙しいOLさんや学生さんの場合、土日しか休みがなく、なかなか何日もレーシック眼科に通えない人も多いです。

1dayレーシックであれば、1日目の休みで検査と施術をし、次の日に短時間の検査だけで終わりますから、次は1週間後に検診を受けるのみです。

つまり、レーシック完了まではたったの2日で良いのです。

もちろん、入院も長期検査入院なども必要ありませんから、より気軽に受けられますね。

≪理由2:遠方からでも1泊2日で受けられる≫

九州と中国地方にとっての拠点ともなる福岡ですから、九州全土や山口・広島などの遠方から福岡までレーシックを受けに来る人も少なくありません。

かといって、何日間もずっと旅行するわけに行きませんから、当然1泊2日などで訪れますよね。

1dayレーシックであれば、福岡に到着後すぐに検査&施術で、次の日に翌日診察を受ければ、レーシック完了です。

その後は1週間後など期間をあけて診察がありますが、経過によっては地方の眼科を紹介され、安定していればどんどん通う回数も少なくなります。

地方では、なかなか人気のレーシック眼科がなく、高い料金で古いレーシック方法の施術のチョイスしかないところも少なくありません。

少しでも良い施術を、少しでも安く受けられるので、地方から福岡の人気レーシック眼科を受診する人も珍しくないのです。

1dayレーシックであればプチ旅行くらいの日数で気軽に受けられるので、遠方利用者にも人気なのですね。

≪理由3:検査から間が空かないのでモチベーションが保てる≫

さらに、1dayレーシックの場合、検査の後すぐに施術ですから、レーシックのモチベーションが下がることがありません。

検査を受けた後でしばらく通常の生活に戻っていると、目のコンディションも変わりますし、レーシックを受けたい気持ちにも変化がでる可能性があります。

レーシックを受けて裸眼ライフを送りたい人は、やはり1dayレーシックでモチベーションを下げないのがオススメなのです。

これらの理由から、1dayレーシックが流行っています。

福岡でレーシックを受けたい人は、検査から施術、翌日検査までがスピーディな1dayレーシックも検討してみましょう。

このページのトップへ↑

近眼用のレーシックをしても老眼レーシックを将来受けられる?

近眼用のレーシックを受けても、将来老眼用のレーシックを受けることは可能です。

≪老眼レーシックは近眼レーシック後でも受けられる≫

最近は老眼治療にも老眼レーシックを受けることができ、ますます眼鏡が必要ない時代になってきましたね。

しかし、ここで気になるのが、過去に近眼用のレーシックを受けていること。

でも、問題はありません。

一度作ったフラップはそのまま使用する可能性がありますから、このフラップをめくることに問題がなければ、基本的には現在の老眼レーシックも受けられるのだそうです。

もちろん、その時の目の状態によっては、受けられない場合もあります。

例えば、年齢を重ねるとコラーゲンが減りますよね。目の角膜もコラーゲンですから、角膜が年齢に応じて薄くなってしまっていることもあるのです。

そうなると、レーシックでは角膜に治療を行うので、薄い角膜では問題が生じる恐れがあります。

レーシック後であっても、角膜の状態や目の状態に異常がなければ、いくつかの老眼レーシックは受けられるのです。

≪場合によっては将来の老眼レーシックが格安になることも≫

その上、近眼用のレーシック手術を受けている場合、将来的に老眼になった場合の老眼レーシックの料金が格安になることもあるのです。

例えば品川レーシックの場合、アフターケアの会員に無料でなることができます。

この会員になると様々なお得情報をもらえるのですが、中には老眼治療が半額になるようなキャンペーンもあるんですね。

もちろん、時期によってキャンペーンの内容は変わりますから、一概には言えません。

現在レーシックが始まって20年くらいになり、当時近眼に悩んでいた人が老眼に悩まされるようになった現在では、老眼レーシックの需要も高まっています。

その為、需要がある老眼レーシックを、かつて近眼レーシックを行った人に格安で行うような眼科クリニックも出てきているというのが現状のようですね。

≪同じ院にかかることが多いので眼科選びは慎重に≫

近眼から老眼にということを考えた場合、レーシックをする眼科を選ぶ際は慎重にならなければなりません。

なぜなら、その眼科とは長い付き合いになる為です。

仮に近眼のレーシックを受けた後で、何年も経っていても、目の見え方に異常が出てきたらレーシックを受けた眼科に1度は行きますよね。

老眼と判断されたらその後レーシックを受けられるかなどの検査も、多くの場合は近眼で利用したレーシック眼科を訪れます。

ですから、長い付き合いになるレーシック眼科を選ぶ際は慎重に行いましょうね。

このページのトップへ↑

レーシック 福岡

 | トップページ |