トップページ > レーシックの施術比較 >  レーシック以外の施術との比較

レーシック以外の施術との比較

レーシックとそれ以外の視力矯正手術を比較し、解説していきます。

レーシック vs フェイキックIOL

今回はフェイキックIOLと通常のレーシックを比較していきます。

ではまずフェイキックIOLの解説に入りますが、これについてはもう既に他のページでも少しばかり触れているので、ここではもう少し内容を掘り下げて解説します。

この手術は目の中に直接眼内レンズを挿入し、視力の矯正を図る手術です。

挿入される眼内レンズは、もともとは白内障手術の際に濁った水晶体の代わりに使用されるものなので、フェイキックIOLというのは言わば白内障手術の応用版なんです。

また、眼内レンズは挿入する場所によって前房型と後房型の2種類に分類され、挿入することで得られるメリット・デメリットはそれぞれ異なります。

どちらのレンズを使用するかは患者が決めるのではなく、専門の医師が患者の目に合った方を選ぶことになります。

レンズ自体は交換や手入れをする必要がなく半永久的に使用でき、問題が起こった場合もすぐに取り出して元の状態に戻せるのでその点は心配する必要はありません。

さて、そんなフェイキックIOLはレーシックよりも主に以下の2つの点で優れています。

・角膜の切除が不要

通常のレーシックが角膜の切除をするのに対し、フェイキックIOLでは目の中にレンズを挿入するので角膜を切除する必要がないんです。

つまり角膜に厚みがない方は、フェイキックIOLを利用したほうがいいというわけです。

・視力矯正できる度数が高い

レーシックでは角膜を切除することで視力を矯正しなければならないので、角膜が薄い方では治療できる視力の度数に限界があります。

一方のフェイキックIOLは角膜の厚さや視力に関係なく、最強度近視である-10Dを超える度数でも治療が可能なんです。

以上の点で言えば、フェイキックIOLはレーシックよりも優れていると言えます。

ただ注意しておくと、このフェイキックIOLは海外と違って日本国内では比較的新しい手術なので、症例数が少なく、実施しているクリニックが少ないため費用は割高です。

なのでフェイキックIOLを受けようと思った方は、まず症例数の多い技術の確かなクリニックを選ぶようにしましょう。

このページのトップへ↑

レーシックVSラゼック

今回はラゼックをレーシックと比べていきましょう。

ラゼックはクリニックにより呼び方が違う場合があり、ラセック・レーゼック・ラーセックなどと呼ばれている場合がありますが、どれもすべて同じ術式になります。

ラゼックがレーシックより優れている点は、フラップの作成が薄く済むところです。

レーシックでは角膜の厚さが0.15~0.18ミリは必要となりますが、ラゼックなら0.05ミリで済むので角膜が薄い人でも手術を受けることができます。

また薄く済むだけでなく2週間前後で角膜が元通りに再生されるので、レーシックと比べて衝撃にも強くなります。

その為、格闘技やぶつかり合いの多い激しいスポーツの選手からも支持されています。

レーシックとラゼックの手術の流れはほぼ一緒ですが、若干違いがあります。

洗浄→消毒→局部麻酔→まぶたを機械で固定までは同じです。

違いはフラップのつくり方で、レーシックではマクロケラトームと呼ばれる機器を使い作成しますが、ラゼックではまず角膜をアルコールを使ってふやかした後フラップを作成していきます。

フラップを作った後は、どちらもレーザーを当て、フラップを元に戻して手術終了となります。

しかしラゼックの場合、フラップが薄いので固定する為に、保護用のコンタクトレンズを1週間前後装着する必要があります。

このコンタクトは医師のみが付け外し出来るので、装着中は外れないように気を付けないといけません。

時間が経てはレーシックより強い角膜になりますが、術後すぐはラゼックの方が細心の注意が必要になります。

またレーシックよりラゼックが劣るところは、術後は痛いという意見が多く、また長く続く点です。

長いと1週間も痛みが続いた人や、術後痛くてすぐには目が開けれなかったという人も中にはいます。

もちろん、徐々に引いていきますが、特に痛みに弱い人はご注意ください。

どちらもメリット・デメリットに違いがありますので、しっかりと知った上で比較しましょう。

特にラゼックはレーシックと比べると受けた人が少なくなりますので、体験談を探してクリニック選びの参考にしましょう。

このページのトップへ↑

レーシックVS角膜リング

ここでは、レーシックと角膜リングの違いについて比較していきましょう。

角膜リングはクリニックにより違いがあり、福岡県人気レーシックランキング1位の品川近視クリニックでは"イントラ角膜リング"と呼び、2位の神戸神奈川アイクリニックでは"角膜内リング"と呼ばれています。

また、レーシックが可能なクリニック全てで角膜リングを受けられるわけではありません。

そもそも角膜リングは、円錐角膜が原因でレーシックを受けられない人の為の視力矯正手術として生まれました。

円錐角膜は、角膜が変形し、横から見ると眼球が尖ったように前に突き出してくる為、レーシックでは視力が回復しません。

角膜リングでは、角膜の周辺部に半円のリングを挿入し、角膜の形状を変えて視力を矯正していきます。

視力が矯正されるだけでなく、円錐角膜の症状の進行も抑えてくれる効果があります。

レーシックは一度受けると元の状態には戻せませんが、角膜リングは挿入したリングを取り出すことが可能なので、元通りにすることも可能です。

手術方法は、レーシックではフラップを作りレーザーを当てていきますが、角膜リングでは、挿入する穴を開けリングを装着する方法になります。

手術時間はほとんど変わりませんが、レーシックは一度に両眼の手術が出来るのに比べ、角膜リングは片眼ずつ、数週間空けて2回の手術が必要になります。

また、レーシックの術後はその日のうちに視力が回復する場合が多いのに比べ、角膜リングでは徐々に視力が回復していくので、術後すぐにはっきり見えるわけではないということを知っておきましょう。

どちらの手術も術後1週間前後は目を保護しないといけませんが、これにも違いがあります。

レーシックでは保護メガネをかけ、角膜リングでは保護用コンタクトレンズを装着します。

見た目についてはコンタクトレンズの方が良さそうですが、医師のみ付け外しができるので、万が一外れた場合はすぐにクリニックへ行かないといけません。

円錐角膜の人は、この角膜リングを受けるしか選択肢がありませんが、レーシックとは違う点をしっかり知っておきましょう。

このページのトップへ↑

レーシック 福岡